レキシ「古墳かぶった」山手線車体広告が巡行

J-POP 公開日:2017/07/06 40
この記事を
クリップ
}/

今年2月に大阪府、堺市、羽曳野市、藤井寺市より、「百舌鳥・古市古墳群世界文化遺産登録応援大使」に任命されたレキシが、大阪初の世界文化遺産登録をめざし、特注の古墳をかぶって全面PRしたJR山手線車体広告が実施されることが決定。車体広告は1編成での実施となり、本日6日から今月20日の2週間限定でJR山手線全29駅を巡行する。




車体広告は、トレードマークのサングラスを外し、えも言われぬ眼差しで百舌鳥・古市古墳群を摸した特注の被り物をかぶったレキシが窓の両サイドに大きく配置。背景にはバリエイションを加えた数十個のレキシも小さく配置され、まさに古墳群と化したレキシらしいシュールで印象的なデザインとなっている。

現在、全国ツアー開催中のレキシは、先日、10/1に大阪城バックにした野外ステージとなる大阪城西の丸庭園での大阪公演、翌週10/10&11には日本武道館2DAYSとなる東京公演の開催を発表。ほか、7/30「フジロックフェスティバル’17」、8/11「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO」、8/27「SWEET LOVE SHOWER 2017」などの夏フェスに加え、9/7はPerfume主催の対バンイベント「Perfume FES!! 2017」、9/17には岩手県平泉町 観自在王院跡での野外ライブ「世界遺産劇場Extra レキシ、平泉に参上!」など多数出演予定。

この記事の画像一覧

関連タグ