44マグナムのギタリスト広瀬さとし“JIMMY”とレディース・ルームHyaku初タッグ「JIMMY100」始動

J-POP 公開日:2014/03/12 10
この記事を
クリップ
}/

80年代のジャパニーズ・ヘヴィー・メタル・シーンを席捲し、現在も精力的に活動を続けている44マグナムのギタリスト広瀬さとし“JIMMY”と、同じく90年代に人気を誇ったレディース・ルームのヴォーカリストHyakuの二人が初タッグを組み、JIMMY100が結成された。


「ガキの頃から憧れていたJIMMYさんと一緒にステージに立つことになり今から興奮している(Hyaku)」「Hyakuはハイトーンが素晴らしく、とても上手いヴォーカリスト。俺がこれまで作った44マグナム以外の楽曲を彼に歌ってもらいたいと思い、今回一緒にやることにしたよ(JIMMY)」という二人のコメントはライヴの期待を高まらせる。



そのJIMMY100のお披露目ライヴが、3月21日(金・祝)に東京・目黒「THE LIVE STAION」で開催されることが決定。ライヴでは、お互いのセルフカバーを含め、二人の音楽ルーツを探りあった70&80年代のハードロックの名曲を演奏する予定のようだ。ドラムに山口“PON”昌人、キーボードに清水賢治、ベースにyou+を迎え入れ、強力なメンバーが集まったJIMMY100。一夜限りになるかもしれないプレミアム・ライヴは必見だ。

【今話題!】モーニング娘。14記事一覧はクリック!【ここでしか見られないアイドルコラムはクリック!】・豪華若手声優アイドルグループ「地下すぎプリンセス」生放送決定!・モー娘。'14に続くハロプロの最終兵器Juice=Juiceの凄さ


この記事の画像一覧