CIVILIAN 待望の新曲は「歌っているといつも泣きそうになります」

J-POP 公開日:2017/05/17 29
この記事を
クリップ
}/

ワンマンツアー「Hello、civilians」初日を5月18日(木)に控えたCIVILIANがニューシングル『顔』を8月2日にリリースすることを発表した。





今作の『顔』は、そのタイトル通り、CIVILIANの「顔」(代表曲)となり得るポテンシャルを秘めた、幅広い世代に愛される普遍的なロックバラードに仕上がっている。ライブ等でも既に披露されており、その存在を知るファンにとっては待望のリリースに。

詞曲ともに手掛けるボーカルギターのコヤマヒデカズは、
「僕が言いたいことを言いたいように書き、メンバーがやりたいように音を出した結果、こんな曲になりました。“とりあえず聴け、じゃあな”ではあまりに寂しいから少しだけ言及すると、何の捻りも身も蓋もない、タイトルの通りの歌です。そして、とてもとても良い歌です。僕は歌っているといつも泣きそうになります。トラウマの歌であり、優しさの歌であり、僕の歌でありアナタの歌です。そんな歌。皆の心の一番奥深くまで突き刺さってくれと祈りながら、全力で歌いました。聴いてね。」
と語り、そのコメントからもわかるように渾身の自信作となっている。

また『顔』のリリース発表にあわせて、5月18日(木)の名古屋ell.SIZEから始まるワンマンツアーでは、各会場で『顔』の予約購入受付を実施する。会場限定の予約特典として「直筆サイン入り特製ポストカード」がその場でプレゼントされる予定だ。

この記事の画像一覧

関連タグ