相川七瀬、岡本真夜2人のミリオンアーティストがコラボ

J-POP 公開日:2014/03/06 8
この記事を
クリップ
}/

相川七瀬が5日、神奈川・ラゾーナ川崎にて行われたリリースイベントに出演し、この日発売された『桜舞い降りる頃、涙色 feat.mayo』を披露、コラボ相手の岡本真夜も共演した。


1曲目から『Sweet Emotion』そして大ヒット曲『夢見る少女じゃいられない』と続きあいにくの雨も吹き飛ばすようにテンションも上がる。そしてMCをはさんで岡本真夜を呼び込み二人で『桜舞い降りる頃、涙色 feat.mayo』を披露。



岡本真夜verの『桜舞い降りる頃、涙色 feat.nanase』の後最後は岡本の大ヒット曲『TOMORROW』を二人で歌唱した。相川七瀬と岡本真夜はこの日、Wコラボシングル『桜舞い降りる頃、涙色』を発売、このシングルは1曲目に『桜舞い降りる頃、涙色 feat.mayo』/相川七瀬、2曲目に『桜舞い降りる頃、涙色 feat.nanase』/岡本真夜と1枚のシングルに同じ曲を2人のミリオンアーティストの同一曲が収録されるという豪華な内容となっている。それぞれにお互いがフィーチャリングボーカルとして参加している。相川と岡本はともにデビューが同タイミングの「同期」。また、公私ともに交流があり、「ママ友」としての繋がりもあり、今回の共演が実現した。また相川七瀬のバージョンは、ギターでマーティ・フリードマン、ドラムに真矢が参加した豪華な顔ぶれも話題となっている。

【リアルタイム人気記事】・JKTが海外で初めての選抜総選挙・NMB山本彩「部活動LOVE」してみたい!・℃-uteがBS-TBSキャンペーンの顔に!新番組も・E-girls、YMOの「RYDEEN」リメイク・カヴァーで話題に


この記事の画像一覧