新生フェアリーズ 新曲MV初公開 次元の違うクオリティで魅せる

J-POP 公開日:2017/02/08 13
この記事を
クリップ
}/

2011年にデビュー。実力派ダンス&ボーカルグループとして若い女の子を中心に人気上昇中のフェアリーズ。デビュー5周年を迎え、新体制の5人組となった彼女達が初めてリリースする新曲、『Synchronized ~シンクロ~』のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。

新たな5人を象徴するかのような5角形のオブジェを頭上に配置したステージ上で、小細工なしの見事なダンス&歌唱シーンで構成される本作。





ファルセットを多用した高音ボーカルラインをメインボーカルの伊藤萌々香、下村実生が巧みに唄いこなしつつ、民族舞踊を模したような印象的なダンスを文字通りシンクロさせながら踊る様はさすがの一言。一見ただのガールズアイドルと称されかねない彼女たちだが、明らかに次元の違うクオリティ、アーティスト性を垣間みることができる。 最近では三浦大知などに代表される、数々のレベルの高い、ダンス&ボーカルアーティスト、グループを輩出してきたライジングプロダクションが推す次世代を担うガールズグループならではといった出来映えだ。

デビュー5年といいつつも平均年齢まだ約19歳程度の彼女たち。現在日本テレビ系「Going ! Sports&News」のお天気キャスターなども務める伊藤萌々香をはじめ、愛される『ヴィジュアル力』も高い彼女たち。今後さらにダンス&ボーカルに磨きをかけて、世間を席巻する日もそう遠くないかもしれない。

尚、『Synchronized ~シンクロ~』は3月1日にリリース。その2週間前にはZepp Tokyoにて久々のワンマンLIVEを実施する。

この記事の画像一覧