映画『WE ARE X』サントラに新曲アコースティックVer.を初収録

J-POP 公開日:2017/01/26 31
この記事を
クリップ
}/

X JAPANに1年以上密着し、リーダー・YOSHIKIの内面にも迫った壮絶なドキュメンタリー映画「WE ARE X」のオリジナル・サウンドトラックが、映画公開と同日の3月3日(金)に全世界同時発売となることが決定した。





今作は米ソニーミュージックのレガシー・レコーディングスとワールドワイド契約、日本でもメジャー・デビュー時のレーベルであったソニーミュージックから四半世紀ぶりのリリースとなる。

映画のエンディング・テーマで、X JAPANならではの荘厳なバラードに仕上がったYOSHIKI書き下ろしの新曲『La Venus』のアコースティックバージョンを初収録しているほか、全キャリアの中でも特に重要な楽曲のライヴ音源やスタジオ音源を収録。映画の内容に沿った内容となっている。

映画はローリング・ストーンズのドキュメンタリー映画『ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならず者」』(10年)を手掛けたスティーヴン・キジャック監督とアカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した『シュガーマン 奇跡に愛された男』(12年)の製作陣がタッグを組んだ音楽ファン必見の話題作である。16年10月全米先行で一般公開、17年3月3日には日・英同時公開が決定。以降、韓、台、独、豪でも順次公開予定だ。

映画公開翌日の3月4日には、英国が誇るロックの聖地“ウェンブリー・アリーナ”公演を開催、その後はオリジナル・アルバムのリリースも期待され、世界から注目されるX JAPANの動向から目が離せない。

映画『WE ARE X
2017年3月3日(金)ROADSHOW
(C)2016 PASSION PICTURES LTD.

この記事の画像一覧