小室哲哉、府中の大使に任命される

J-POP 公開日:2016/12/08 15
この記事を
クリップ
}/

府中の魅力を市内外に発信し、観光などの振興に資するための「東京多摩振興 特命 武蔵国府中大使」に府中市出身の小室哲哉が任命された。




「武蔵国 府中大使」の制度は、市制施行60周年を記念して創設され、府中市の魅力を広めるだけでなく、今後は多摩地区全体の魅力も、小室は大使として伝えていく。

就任に際し、小室は「(府中市、多摩地区が)エンタテインメントを発信する文化都市になるよう、市長および市民の方々と相談しながら、具体的なことを行なっていきたい。」とコメントをした。

さらに、この日TM NETWORKのメンバー木根尚登も「府中市音楽文化協働アドバイザー」に任命された。大使として府中市と行う小室哲哉の活動にも今後注目が集まりそうだ。また小室は来年3月には約3年ぶりとなるアルバムを発表。その収録曲の中には以前府中市の東京競馬場で演奏を披露した『#RUN』(feat.神田沙也加(TRUSTRICK) & tofubeats)も収録されるとのこと。

この記事の画像一覧

関連タグ