加藤ミリヤが衝撃結末の新作MVで監督デビュー

J-POP 公開日:2014/01/23 2
この記事を
クリップ
}/

1月22日に生産限定盤両A面シングル『Love/Affection/神様』をリリースした加藤ミリヤが、「神様」のMusic Videoを公開した。


この映像は、加藤ミリヤの記念すべき“初監督作品”。自身が執筆した恋愛小説「神様」が原作となっている楽曲であり、さらに、今年10周年を迎えるキャリアの節目ということで、初めて監督にトライした。様々な愛のかたちを3人のストーリーから切り取られ、歌詞にもあるように“愛を知ることで生まれ変われる”というメッセージが衝撃の結末で表現される、前作『Lonely Hearts』の続編とも呼べるディープな世界観の映像作品だ。



普段からセルフプロデュースしているミリヤとはいえ、スタッフ選びから全キャストのオーディション、カメラアングル、カット割り、演技指導まで……細かく指示出しをしながらの撮影は初めての経験で、「こんなに緊張したのは久しぶりです」と語った。

現場では、ミリヤ自身の出演シーンでは、歌い終わった直後に自ら「カット!」と仕切る1コマもあったという。

加藤ミリヤ配信で大人気!




この記事の画像一覧