Da-iCE工藤大輝 スタッフ緊急ミーテイングでまさかの告白

J-POP 公開日:2016/10/18 38
この記事を
クリップ
}/

某日、工藤大輝からDa-iCEスタッフに向けた緊急の呼び出しがあり、大輝の待つ部屋に向かった。

扉を開けると...明らかに不機嫌そうな大輝の姿が。無言のまま時が流れること数分、おもむろに目を見開き「ダメダメ!全っっ然なってないっ!!!!!」と怒りをあらわにする大輝。どうした?と心配そうに聞くスタッフに対して「最近ちょっと過保護になり過ぎなんじゃないの?ハングリー精神と攻めの姿勢が足りなくなってるんじゃない?」とご立腹な様子。「おわかりになりますか?」と言いながら立ち上がり、ホワイトボードを使って説明する大輝。「書かなくてもわかるけどさ」というスタッフに対して、「結成当初は牛丼だけだった昼ご飯も、最近は半熟たまごが必ず付いてくるじゃん!あと納豆も!過保護が過ぎる!」と詰め寄る大輝に対し「いや、それはちょっとしたスタッフの気遣いと優しさなんじゃ......」そんなスタッフの話もよそに「初心に帰らなくちゃダメでしょ!」と声を荒げる大輝。





「初心はどこにあるかわかる?わかる?」と聞きながらも、スタッフの答えを待つことなく、「『俺の初心は路上にあり』だよね!」と暴走モードで話を進める...。そんな発言に、ホールツアー中だし顔バレしたり問題が山積みだよと止めようとするスタッフ。「顔バレなんかしたことねぇ!」と一喝し、さらに話を進める大輝。「みんなどう思う?」とスタッフに再度確認をする大輝。やはりこの時期に...という思いから、スタッフが説得しようとしたその時...「俺、今から路上でやってみるから!」と言い残し部屋を後にしてしまった。

一体どうなるのか?この後の展開は、次回!!

この記事の画像一覧

関連タグ