GLAYのTAKURO、HISASHIが参加!STEALTH伝説のライブがDVDで

J-POP 公開日:2014/01/15 2
この記事を
クリップ
}/

2009年5月28日。渋谷AXにて、その姿を現したコラボレーションユニット「STEALTH」。


2010年12月24日には「売り上げの全てを福祉施設で暮らす子供達へ捧げる」というコンセプトで制作されたフルアルバム『アルストロメリ ア』をリリース。全ての楽曲の作詩をTOKI(C4)、作曲をTAKURO(GLAY)が手掛け、更に、この思いに共鳴した日本のミュージックシーン屈指のメンバーが集結し話題を集めた。



そして2013年1月16日にはSTEALTHの中心人物であるTOKI(C4/Vo)に加え、アルバムにも参加をした TAKURO(GLAY/Guitar)、K-A-Z(Sads/Guitar)、HISASHI(GLAY/Guitar)、 Junji(C4/Bass)、Tomoi(C4/Drums)、Toshi Nagai(GLAYサポート/Drums)、Seiichiro Nagai(GLAYサポート/Keybard)といった蒼々たるメンバーが集結し、既に伝説となった1stワンマンライブ「Affection of"Alstromeria"」(読=アフェクション オブ アルストロメリア)をSHIBUYA 0-EASTで開催。

チケットは発売開始即日でSOLD OUT。プレミアチケットを手にした超満員のオーディエンスの大歓声に迎えられメンバーの決意と会場を埋め尽くす熱が完全に一体化し、ライブは大成功を納めた。

そのプレミアムなライブから1年。チケットを手に出来なかったファン、そして「あの感動をもう一度」という声に応え、2014 年1月16日に待望の1stワンマンライブDVD「Affection of"Alstromeria"」(読= アフェクション オブ アルストロメリア) のリリースが決定した!

・dwango.jpでは『DIAMOND SKIN』などGLAY楽曲配信中!←クリックでサイトへ
・LINDBERG結成25周年に完全復活
・元SDN48「7cm」結成1周年までにミニアルバム3000枚売れなければ解散


この記事の画像一覧