西野カナ「LOVE」満載のアリーナツアースタート

J-POP 公開日:2016/08/08 10
この記事を
クリップ
}/

先月7/13(水)にリリースした6thアルバム『Just LOVE』が、平成生まれアーティストとしては初の快挙となる、2作以上の2週連続アルバム1位を記録した西野カナが本アルバムをコンセプトに、8月6日(土)北海道・北海きたえーるを皮切りに、全国12都市23公演、20万規模に渡る全国アリーナツアー「Just LOVE Tour」をスタートさせた。

本アリーナツアーは、最新アルバム「Just LOVE」を軸に、”夏”と”海”をテーマにしたツアー内容。ステージ上に設置された三つの円形LED画面には、壮大かつリゾート感溢れる映像が流れまたステージもメインステージだけでなく、西野カナのライブでは初となるムービングステージを起用。アリーナ会場という大会場全体の来場者がアーティストを間近に楽しめるステージングとなっている。





また、ステージ上だけでなく来場者全員で楽しめる演出として、来場者が手にもつペンライトは無線制御で100万色に変化するペンライト”フリフラ”を起用している。さらに、今回ライブを支えるバンドメンバーも、生のブラス隊が加わり総勢9名のメンバーで構成、より楽曲の表現の幅も広がり、厚みのある豪華なサウンドを楽しめる編成となっている。

本ツアーに向け、西野カナは「約1年半ぶりの全国ツアーを本当に楽しみにしていました。今回は、今までのツアー以上に、ニューアルバム『Just LOVE』発売後すぐのツアーということでリリースになったばかりの『Just LOVE』の旬なイメージを
そのまま詰め込んだツアーになっていると思います。ぜひアルバムをリアルに楽しむ感覚で遊びに来てくれると嬉しいです。
また、偶然にもこのツアー初日がリオオリンピック開催日ということで世界中が盛り上がっていると思いますが私もこの盛り上がりに負けないくらいツアーを楽しみたいと思います!皆さんも一緒に素敵な思い出を作りましょう♪」と、ツアーへの意気込みをコメント。

累計セールスが早くも35万枚に達し、各配信サイトでも首位を独占と年内まだまだロングヒットを予想されるニューアルバム『Just LOVE』。11月まで続く全国アリーナツアーで、さらにその勢いに拍車がかかりそうだ。

この記事の画像一覧

関連タグ