小室哲哉 20年前の「クビの危機」語る globe『Remode 2』にマーク・パンサーが再参戦

J-POP 公開日:2016/06/29 10
この記事を
クリップ
}/

8月3日にリリースされるglobe20周年プロダクト『Remode 2』 制作にあたり、再びマーク・パンサーが新たなレコーディングを行ったことが発表された。

マークが新たに歌い直したのは、未だに色褪せないデビュー曲『Feel Like dance』、globeのライブでは定番の『MUSIC TAKES ME HIGHER』、そしてシングルでもダブルミリオンを記録した『DEPARTURES』の3曲。収録曲全11曲も解禁となり、原曲ファンも納得の作品になることまちがいない。




特典のDVDには今回の"Remode 2"バージョンの『Feel Like dance』MUSIC VIDEOと、今作の聴きどころやglobeの歩んできた20年を懐かしい映像とともに振り返るオリジナルインタビューも収録。

その中で小室哲哉は「(DEPARTURESは)絶対売れなきゃいけなかった。大売れするか?クビか?どっちかだった。」と、当時は語られなかった裏話も盛り込まれた内容となっている。

さらにglobe20周年プロダクトとして同時発売となる、伝説的なライブ計7本をまとめた限定ライブBlu-rayボックスには、2000年に行われたKEIKOソロツアーライブ音源がCD初収録に加え、ファンクラブ"house of globe"加入者にしか手に入らなかった秘蔵映像もDVDに収録されるなど、20周年記念ボックスというだけある充実した内容となっている。

残り約1ヶ月となったglobe20周年イヤーだが、本日6月29日(水)には小室哲哉とマークが "テレ東音楽祭(3)"に出演。神田沙也加をボーカルに迎えglobeの代表曲が披露されるので、こちらも是非チェックしていただきたい。

この記事の画像一覧