「ラヴソング」へも出演、阪本奨悟が夢見る武道館ライブ

J-POP 公開日:2016/06/29 1
この記事を
クリップ
}/

俳優として、月9ドラマ「ラヴソング」、大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」への出演など人気急上昇中の阪本奨悟。役者としての将来を期待される中、ミュージシャンとしての活動も行っている。現在、「全国阪本化計画」と題し、各地でLIVEを敢行している阪本に話を聞いた。





-今回の新曲について聴き所を教えて下さい。

阪本奨悟
『Fly』は、目標に向かって頑張っているけど、中々そこまで辿り着けない、葛藤や心の叫びを表した楽曲になったと思います。これから、もしくは今、何かの目標に向かって頑張っている人にとっても背中を押せる、そんなメッセージも感じてもらいたいです。

-作詞作曲もこなす阪本さんですが、曲はどこで、どのように作っていますか?

阪本奨悟
基本的にはメロディから先に作り、コードを付けることが多いです。場所は不特定で、その場所その場所で鼻歌をボイスメモに録音したりします。

-出演をして話題となった「ラヴソング」について、同世代の藤原さくらさんが主演を務めています。刺激を受けた部分やエピソードなど教えて下さい。

阪本奨悟
正直、演技初挑戦というのを全く感じさせない演技に心からすごいなと思いました。音楽はもちろん今回の共演から、どんなことにも果敢に挑んでいる姿に、勇気と刺激をもらいました。

-今後、俳優として、歌手として成し遂げていきたい夢を教えて下さい。

阪本奨悟
表現者として、一人でも多くの人の心に届く音楽、芝居を追求していきたいです。シンガーソングライターとして、自分の音楽を一人でも多くの人に聴いてもらいたいし、その為にどこでもライブをする気持ちでいます。一歩ずつでも、1人でも1000人でも、2000人でも、目標という夢は大小尽きないです。ただそんな活動の中、自分の目標とするアーティストの方々が立っている、武道館というステージに立つことはひとつの夢です。役者としては、とにかく色んな役が演じられるように勉強していきたいと思います。音楽を通して感じたこと、役者を通して感じたことを、僕という一人の表現者に全て繋げて、皆さんに一つでも多くの音楽を、一つでも多くの作品を届けていくことが目標です。


<LIVE情報>
阪本奨悟 ワンマンLIVE 2016 「Fly ~a take-off roll~」
8/13(土) 大阪・南堀江knave  Open 17:30 / Start18:00
8/27(土) 東京・原宿Astro Hall  Open 17:30 / Start18:00

イベント出演
7/31(日) 音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2016 -OVER THE HORIZON 2016-w/上北 健, 佐香智久, Blu-BiLLioN, リリィ、さよなら。, どぶろっく (芸人)

~全国阪本化計画~ (ミニライブ+CD即売会)※観覧無料
※時間等急遽変更となる場合やイベントが中止となる場合がございます。 予めご了承ください。

6/29(水) タワーレコード NU茶屋町店  19:00~
7/1(金) タワーレコード名古屋近鉄パッセ店  19:00~
7/2(土) HMV三宮VIVRE  14:00~
7/3(日)  タワーレコード 難波店  13:00~
7/9(土)  バンダレコード ららぽーと海老名店  14:00~ / 16:00~
7/10(日) イオンスタイル湘南茅ヶ崎2F 国道側入口アトリウム 14:00~ / 16:00~
7/17(日) タワーレコード大津店 13:00~   タワーレコード京都店 17:00~

この記事の画像一覧