東京スカパラのツアー「 道なき道をいく 」ファイナルが放送決定

J-POP 公開日:2016/06/27 3
この記事を
クリップ
}/

テレビ朝日が運営する新しいライブハウス「EXシアター六本木」で行われる貴重なライブから、選りすぐりの曲を原則フルの尺で定期的にテレ朝チャンネル1で放送する 『 EXシアターTV Live !!』。5月24日に行われた東京スカパラダイスオーケストラ 「 道なき道を行く 」 ツアーファイナルが7月に放送されることがわかった 。





開演前のBGMを受けてのオープニング。舞台バックのスクリーンに映し出される【創世記】そして【’89】の文字。

そう、今回のライブは時系列で構成される。そのなかで緩急やライブの流れをつくれるのはスカパラしかいない。冒頭のキーボード、コンガのラインからホーンセクションが重なって、 1曲目『After The Rain』。序盤からメンバー、お客さんのボルテージが最高潮に!スカパラのメジャーデビュー曲である3曲目『MONSTER ROCK』では、加藤(Gu)、大森(Per)が客席を煽り更にスピード感があがる。4曲目『ストレンジバード』では昔懐かしいオーセンティックなスカナンバーを披露。聴きなれたメロディーラインで盛り上がるスカパラ初期の昭和歌謡カヴァー曲「ジャングル・ブギ」では茂木欣一がボーカルを務める。 13曲目『The Last Bandorelo』のスローテンポのグルーヴナンバーから、一気にスピード感を煽る14曲目『太陽にお願い』、15曲目『Pride Of Lions』と走り続け、16曲目『そばにいて黙るとき』で一転テンポが変わり次につながる。本編ラストはスカパラデビュー25周年に発表された『The Last』。そしてエンディングでは 「今日はスカパラと一緒に道を歩んでくれてありがとう!」という谷中(Baritone sax)の言葉とともに22曲目さかなクンとコラボで話題となったCM曲『Paradise Has No Border』。ラテンのノリで大盛り上がり、スカパラらしく締めくくった。

タイトル「道なき道をいく」という名のとおり、バンド創世記から現在までを一緒に辿ることのできる。スカパラファンには感慨深く、新しいファンの方にもスカパラ入門として楽める、その時期その時期のキラーチューン揃いのLive。要チェックだ。

<放送概要>
■タイトル:「EXシアターTV Live」Vol.45
東京スカパラダイスオーケストラ 「 道なき道を行く 」ツアー
■出演: 東京スカパラダイスオーケストラ
■放送日時 7月 2日(土)よる11時~深夜12時(初回)
7月 9日(土)よる11時~深夜12時(リピート)
■チャンネル:テレ朝チャンネル1

この記事の画像一覧