Juliet渋谷公会堂で「アルプス一万弱」

J-POP 公開日:2013/12/10 22
この記事を
クリップ
}/

2013年12月8日にJulietの初のホールツアー「HEY!ホールdeジュリパツアー」が渋谷公会堂にてスタートした。


LIVEはウォーミングアップを目的に皆でアルプス一万弱をやるというオープニング映像からスタートするという、気張らない、なんともJulietらしい演出だ。会場の雰囲気がアルプス一万弱で温かくほぐれたかと思った直後、イントロと共に白幕の向うにメンバーのシルエットが浮かび上がると空気は一変し、「キャー」という歓声とこれから始まるLIVEへの期待感に包まれる。



曲間にはまるでテレビ番組のようなVTRコーナーがあり、これまた変わった構成でLIVEは進んでいく。

マイコ「Julietってどうやって結成したんですか?とよく聞かれる事があるから作りました」と話したそのコーナーは、彼女たちが綴ってきた歌詞の意味がリアルに伝わる、彼女たちの暗黒時代をもさらけ出した、等身大のメッセージだった。

たった数人のライブハウスからスタートしたJulietが、渋谷公会堂という大きな場所でのLIVEをやれたということ。

「変化を求められることもあったし、変わらなくちゃって焦ったこともありました。だけど今そんなうちらが皆に伝えられる事は、どんなに周りが変わっていったとしても、自分の中の真ん中にある気持ちだけは絶対に大切にしていってください。変わらなかったという事がいつか強さになることを、うちらはこれからも伝えていきたいと思っています。」Julietのツアーは始まったばかりだ。





この記事の画像一覧