LUNA SEAが音楽専門誌表紙ジャック!

J-POP 公開日:2013/12/06 28
この記事を
クリップ
}/

LUNA SEAのメンバーが音楽専門誌「ギター・マガジン」「リズム&ドラム・マガジン」「ベース・マガジン」の各誌2014年1月号の表紙を同時に飾る。


これまでに、この3誌の表紙を同時期にジャックしたのは、ザ・ビートルズ(2000年10月号)、サザンオールスターズ(2005年11月号)、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(2006年6月号)、凛として時雨(2013年5月号)の4バンドのみ。



(河村隆一、SUGIZOも参加!「Join LIFE機構」とは?)

活動再会後13年5カ月ぶりとなる新作『A WILL』をリリースするLUNA SEA。ギター・マガジンがSUGIZO&INORAN、ベース・マガジンがJ、リズム&ドラム・マガジンが真矢を表紙に起用。第二期LUNA SEAの本格的な幕開けを告げる本作品のサウンドを、アーティスト・インタビューやこだわりの楽器、アンプ、エフェクターといった使用機材、独自の奏法、新作からのスコアなどを紹介/分析していくという音楽専門誌的目線で深く検証していく。

また、『リズム&ドラム・マガジン』では、真矢を敬愛する凛として時雨のピエール中野がインタビュアーとして登場するほか、ダイナミズム溢れる真矢の超絶ドラム・ソロも付録CDに収録。






この記事の画像一覧