ソナポケ初東京アリーナ公演で異次元演出

J-POP 公開日:2013/12/01 27
この記事を
クリップ
}/

ソナーポケットが自身初となる東京アリーナ公演2DAYSを行った。


11月29日(金)、11月30日(土)の2日間に渡って超満員の国立代々木競技場第一体育館で行われた今回のライブは、9月3日のメジャーデビュー5周年を記したスペシャルライブで、「ソナポケイズム SUPER LIVE 2013 ~ドリームシアターへようこそ!~」というタイトル通り、メンバー3人がオーディエンスを様々な映画の世界へ誘う演出が施されていた模様。



『Cry Cry Cry』ではSF映画のようなビームサーベルの殺陣演出、スパイ映画をモチーフにした『月火水木金土日。~君に贈る歌~』では空中を舞うeyeron、『ネバギバ!』ではアクション映画さながらにバイク型トロッコでのバイクチェイス『ソナポケ☆DISCO』では70年代のディスコムービーを思わせるキレキレのダンス、そして幕間のショートムービー、と畳み掛けるような異次元演出が続き、約2時間に及ぶ公演は幕を閉じた。

尚、初日の11/29公演では、サプライズ演出で春の全国ホールツアー「ソナポケイズム JAPAN TOUR ~5th Anniv. SP~」が発表され、会場いっぱい割れんばかりの嬌声が会場中に響き渡った。

ソナーポケット珠玉のラブソング!




この記事の画像一覧