チョコと一緒に贈りたい曲ランキング!2位は定番の『バレンタイン・キッス』、注目の1位は?

J-POP 公開日:2016/02/10 4
この記事を
クリップ
}/

2月14日はバレンタインデー。

これにあわせ、昨年は10~30代の男女による「バレンタインに聴きたい曲」ランキングを発表した音楽情報誌『CD&DLでーた』が、今年は10~30代の女性を対象とした、「バレンタインにチョコと一緒に贈りたい曲」のランキングを集計・発表した。

昨年と、同じバレンタインをテーマにしていても、昨年とは趣向が異なることもあり、総合ランキング全20曲中11曲が入れ替わる結果となったというのが興味深い今回の結果。さっそく発表していこう。





まずは、20位から11位まで。

20位:Everything/MISIA
19位:Love/AAA
18位:LOVE LOVE LOVE/DREAMS COME TRUE
16位:カブトムシ/aiko
16位:AinoArika/Hey!Say!JUMP
12位:日曜日/back number
12位:大きな愛でもてなして/℃-ute
12位:ギミチョコ!!/BABYMETAL
12位:Girls' talk/ノースリーブス
11位:Getチュー!/AAA

恋愛ソングの定番から、隠れた名曲までバラエティ豊かなラインナップとなった。

中でも2曲がランクインしたAAA。総合11位の『Getチュー!』は、タイアップCMで、ボーカルのひとりである宇野実彩子が披露した、“チューする?”のキュートなシーンが印象的。直接バレンタインに関わる曲ではないが、“かわいくて愛にあふれた歌だから”(19歳)といったコメントが挙がってきている。

このほかにも、『Girls’ talk』(ノースリーブス)、『大きな愛でもてなして』(℃-ute)、『日曜日』(back number)など、グループの代表曲というよりは、“隠れた名曲”といった立ち位置の曲がランクインしており、こういった“密かなお気に入り曲”を楽しむのも、音楽ファンならではのたまらない喜びのひとつといえるだろう。

今回ランクインした曲を歌詞・内容でまとめてみると、
(1) バレンタインをテーマとした曲
(2) バレンタインとは直接関係ないが、チョコがテーマとなっている曲
(3) バレンタインもチョコも関係ないが、広い意味で恋愛がテーマの曲
といった分類になっているようだ。

さて、それを踏まえて、いよいよTOP10。

10位:もぎゅっと“love"で接近中!/μ's
9位:チョコの奴隷/SKE48
8位:チョコレート魂/松浦亜弥
7位:運命Girl/Kis-My-Ft2
6位:orion/シド
5位:Bittersweet/嵐
4位:Love so sweet/嵐
3位:トリセツ/西野カナ
2位:バレンタイン・キッス/国生さゆりwithおニャン子クラブ 他
1位:チョコレイト・ディスコ/Perfume

総合ランキング1位はPerfumeの『チョコレイト・ディスコ』。

昨年の「バレンタインに聴きたい曲」でも、多くの女性票を集めて1位を獲得したが、今回も、“バレンタインを最も連想させる曲”(19歳)、“女の子の気持ちを表現した曲だから”(20歳)、“この曲を聴いて一緒に楽しい気分になってほしいから”(31歳)といったコメントが寄せられ、この曲が女性にとっての定番バレンタイン・ソングとして浸透していることがうかがえる。

総合3位には、西野カナの『トリセツ』がランクイン。楽曲リリース時に、女性の扱い方を取扱説明書という形で歌詞にした歌として話題になったこの曲には、“女子の気持ちを歌った曲だから”(16歳)、“彼に贈るのにピッタリな歌詞”(24歳)、“歌詞にすごく共感するから”(32歳)といった声が集まった。中には、“重いかもしれないけど、結婚を意識して贈りたい”(39歳)という切実なコメントも・・・。女性の気持ちをかわいらしく代弁しているこの曲で、意中の男性に想いが伝わることも?

変わったところでは、総合8位に入った『チョコレート魂』(松浦亜弥)。盛り上がる恋愛の瞬間を描いた、アップテンポなバレンタイン・ソングだが、“隠れた名バレンタイン・ソング”(28歳)というコメントも寄せられているので、聴いたことがない方は、バレンタイン前に一度チェックしてみるのもいいかもしれない。

来たるバレンタイデー。
チョコと一緒に、想いを伝える1曲を、味わってみてはいかが。

●女性が選んだ、「バレンタインにチョコと一緒に贈りたい曲」 総合ランキングTOP20
設問:あなたがバレンタインにチョコと一緒に贈りたい曲を1曲教えてください。
※曲名とアーティスト名、またその理由やエピソードもあわせて教えてください。

調査期間:2016年1月4日~1月5日で、有効回答者数は2357人。

この記事の画像一覧