人気バンド“Galileo Galilei” 『Sea and The Darkness』収録曲MV解禁

J-POP 公開日:2016/01/22 15
この記事を
クリップ
}/

人気バンド“Galileo Galilei”が、1月27日リリースのニューアルバム『Sea and The Darkness』から第一弾ミュージックビデオを公開。

第一弾は、シリアルキラーの愛憎劇を歌った『ウェンズデイ』。マイク・クロッシーがミックスを手がけたこの楽曲は、音へのこだわりだけでなく、歌詞の世界観をより視覚的に伝えたいという尾崎雄貴(Vo.&Gu.)の希望から、本人もミュージックビデオの監修を務めた。
特にロケーションにこだわった今回のミュージックビデオは、イギリスの郊外での撮影を実施。イギリス在住の映像監督のオリヴァー・デビット、ニューヨーク出身のチャーリー・ジレットそして尾崎雄貴の三者のコラボレーションにより、エロティックかつミステリアスな3分半のショートフィルムが完成した。




1月27日にリリースする4枚目のオリジナルフルアルバム『Sea and The Darkness』は、『恋の寿命』、『嵐のあとで』、『クライマー』などのヒットシングルのほかに、人気シンガー“Aimer”をゲストヴォーカルに迎え、50'sポップスとオルタナティブロックを融合させた『ベッド』などを収録した話題作で、メンバーの自宅ガレージ兼遊び場である“わんわんスタジオ”を中心に、バンド自らのプロデュースでレコーディングされた。

アークティック・モンキーズ、The 1975等のプロデュースで世界的に知られるマイク・クロッシーと、Coldplayの"Viva La Vida"を手掛けたジョン・オマホニーがミックスエンジニアとして、さらに数々の名作を手掛けるグレッグ・カルビをマスタリングエンジニアに迎えるなど、サウンドへの並ならぬこだわりも感じさせる。

なお“Galileo Galilei”は、この『Sea and The Darkness』のリリースを受けて全国ワンマンライブツアーを開催する。3月1日(火)の北海道・苫小牧ELL CUBE公演を皮切りに全国18か所で開催され、バンドにとって最多・最長のツアーとなる。1月23日 (土)10:00よりチケット一般発売となるので、ぜひチェックしてほしい。


『ウェンズデイ / Wednesday』ミュージックビデオ(Galileo Galilei公式YouTubeチャンネル)


『クライマー』ミュージックビデオ(Galileo Galilei公式YouTubeチャンネル)

この記事の画像一覧

関連タグ