SCANDAL 4万人動員ツアーFINAL大盛況!結成10周年の華々しい幕開け

J-POP 公開日:2016/01/14 8
この記事を
クリップ
}/

今年の8月21日にバンド結成10周年を迎える、世界的ガールズバンドSCANDALが、昨年12月9日に神戸ワールド記念ホールからスタートした初の4万人動員の東名阪アリーナツアー「PERFECT WORLD」のツアーファイナルを1月13日(水)日本武道館公演にて迎えた。

今回のツアーでは、昨年9カ国41公演のワールドツアーをまわりパフォーマンス力をあげたSCANDALが、シンプルなステージセットに立ち衣装も白と黒でラフにまとめた、”バンドらしさ”が表現されたライブとなった。

約4年ぶりの日本武道館そして2DAYS公演に両日1万人の多くのファンが詰めかけた。

ライブがスタートするやいなや、『Image』『瞬間センチメンタル』『DOLL』『EVERYBODY SAY YEAH!』『STANDARD』と間髪いれずに新旧織り交ぜたロックナンバーで一気に会場の温度を上げた。





煽りMCのコール&レスポンスの中では「新成人の人~?」というHARUNA(Vo.&Gt.)のユニークなコールに答えた新成人の観客のレスポンスに、会場全体から拍手が起き、成人式を迎えたばかりのタイミングでお祝いムードに包まれた。

そして、アップテンポなロックナンバー『お願いナビゲーション』でオーディエンスはさらにヒートアップ!

続いてMAMI(Gt.&Vo.)がメインボーカルとなる『本を読む』、TOMOMI(Ba.&Vo.)がメインボーカルとなる『LIFE IS A JOURNEY』とメンバーそれぞれの色の付いた楽曲を演奏する中、『少女S』では、ライブアレンジが披露され、間奏にはメンバーのそれぞれのパートのソロまわしが入り、演奏テクニックとバンドとしてのグルーヴを魅せつけ、歓声が沸き起こった。更に、ライブではおなじみのナンバー『会わないつもりの、元気でね』でさらに会場を盛り上げた。

RINA(Dr.&Vo.)がメインボーカルとギターを務める4つ打ちビートのダンスチューン『おやすみ』ではメンバー4人が横一列に並んでのパフォーマンスとなり、そのままのスタイルでテクノポップ調の『kill the virgin』を今度はHARUNAがカオシレーターを操作し、RINAがキーボードを弾くという、新たなバンドとしてのアプローチを披露し、会場が一気にダンスフロアのような空間となった。

そしてMCでは、メンバーそれぞれが2016年の目標を発表した。

HARUNAは「今年は自動車の免許を取りたい」と発表し、「今年の夏には車で海に行きます!」と強く意気込んだ。次にTOMOMIが「梅干しを漬けます!」と目標を発表すると、観客からは笑いがこぼれた。今年の夏フェスの際にはTOMOMI自らが漬けた梅干しをメンバーにおすそわけしたい、というほっこりとするエピソードも語られた。そして、RINAは古着屋めぐりがすきで、去年からパジャマを探しているらしく「かわいいパジャマを集める」という目標を掲げた。そしてHARUNAが「今日もしかしてパジャマで会場に来てた?」と問いかけると、RINAが「かわいいパジャマをみんなに見てもらう場所もないので、実は今日は武道館までパジャマで来ました!」と爆弾発言をし、会場からはどよめきと共に「見たーい」という期待の声が多数飛び交った。

最後に、MAMIが「自分で着る服は自分で作る!」と今年の目標を発表した。続けてMAMIは「最近お買いものに行き、服を見ていると自分で作れるのでは?と思って、生地屋さんに行き、まずはトートバッグを作ってみました!」と報告すると、すかさずRINAが「MAMIが作ったパジャマを着たい!」と発言すると、会場からさらに笑いが起き、そしてメンバー同士の仲の良さが垣間見られた。

ライブに戻り、前作のアルバム「HELLO WORLD」からこの季節にピッタリな冬の曲『winter story』を披露、続いて、1月30日に公開となる映画「猫なんかよんでもこない。」の主題歌であり自身の3月2日リリースのニューアルバム『YELLOW』にも収録予定の『morning sun』、そして18thシングルの『Departure』と、ミドルテンポの”聴かせるロックナンバー”で会場がエモーショナルな雰囲気に包まれる。

そのあとは一気に、『夜明けの流星群』『Your Song』『SCANDAL BABY』『Sisters』とみんなで歌って、ノレて、踊れるナンバーを披露し、HARUNAが「みんな最高―!」と叫び、会場のボルテージは最高潮に達した。そして本編最後のナンバーとして昨年10月公開され大ヒットとなったSCANDAL初のドキュメント映画『SCANDAL “Documentary film「HELLO WORLD」”』の主題歌ともなった『ちいさなほのお』を演奏し、しっとりと本編を終えた。

そしてアンコール1曲目には前作アルバム『HELLO WORLD』から『love in action』を演奏、2曲目にはニューアルバム「YELLOW」収録曲のアメリカンロックナンバー『Stamp!』で会場を再び温めた。

HARUNAは「平日なのにこんなにたくさん集まってくれて、4年ぶりの武道館で、しかも2DAYSすることができて嬉しいです。そして更に嬉しいことがあって、今年はバンド結成10周年を迎えます!結成10年の日には大阪でのライブが決まっていますが、結成したときは、まさか10年後にこのメンバーでバンドをやっているとは思わなかったし、まさか、こんなにたくさんの人の前でライブ出来るとも思わなかったし、本当に幸せです!」と集まったファンに向けて感謝の言葉を贈った。

そして「3月2日にリリースするニューアルバム『YELLOW』は、1年かけてメンバー4人で作った自信作です。そして4月からはアルバムを引っ提げたツアーもあります。楽しみにしていてください。また会いましょう!」と結成10周年に向かってさらに強くしなやかに突き進んでいく姿勢を見せた。

最後に、期待値が高まっているニューアルバム『YELLOW』から、MAMIが作詞、作曲した新たな冬のナンバー『SUKI-SUKI』が披露され、煌びやかな、ポップロックナンバーに歓声があがった。そしてラストナンバー『太陽スキャンダラス』を最後に演奏し、大歓声の中、東名阪でトータル4万人を動員した初のアリーナツアーが盛況のうちに幕を閉じた。

また、あわせてニューアルバム『YELLOW』のヴィジュアルも解禁され、ライブでのパフォーマンスの実力と可愛くおしゃれな結成10周年を迎えるSCANDALから今年は目が離せなくなりそうだ。

まずは、ニューアルバム『YELLOW』を楽しみに待とう。

この記事の画像一覧

関連タグ