Sexy Zone 紅白で五輪ムード盛り上げる「僕らなりのカラーで」

J-POP 公開日:2015/12/29 27
この記事を
クリップ
}/

「第66回NHK紅白歌合戦」、今年は紅白合わせて52組が競演。また、BUMP OF CHICKEN、乃木坂46など10組が初登場する。トリも近藤真彦と松田聖子に決まり話題を呼んでいる。今年のテーマは「ザッツ、日本!ザッツ、紅白! 」。”これぞ紅白”と思わせるエンターテインメントの決定版が繰り広げられるが、29日からNHKホールでリハーサルが始まった。





3年連続リハーサル1番手『ニッポン Cha―Cha―Cha チャンピオン』を歌った。2016年のリオデジャネイロ、そして2020年の東京オリンピックを意識した5色の衣装で登場。つづいてリハーサルを行った伍代夏子『東京五輪音頭』とともにオリンピックムードを盛り上げた。

中島健人は「伍代さんと五輪とぼくらはメンバー5人で、運命を感じます(笑)。僕らなりのカラーで”Sexy Zone”らしさを出して行きたい」と意気込んだ。

Sexy Zoneは本番で2組目に登場する。

この記事の画像一覧