カルトな人気のマネキンデュオ FEMMのメジャーデビュー作がなんと「無音」という前代未聞ぶり

J-POP 公開日:2015/12/10 35
この記事を
クリップ
}/

RiRiとLuLaの2体のフィメール・マネキンからなるダンス・デュオ「FEMM (フェム)」が、2016年2月3日、EP『PoW! / L.C.S.』のスペシャル・パッケージ版で、いよいよメジャー・デビューすることが発表された(レーベル:FEMM’S AGENCY SYNDICATE)。

自らを意志を持つ人形フェムであると称し、無表情で踊る彼女達の動画は、これまでにYouTubeだけでも総再生回数500万回を超えており、その半分以上が北米やヨーロッパの10~20代女性からのアクセスとなっている。これまでに、世界で最も影響力のあるエンタメ・ブロガー「Perez Hilton」や、人気YouTuber 「Miles Jai」、Vogueのアドヴァイザーも務める「Anna Dello Russo」など、海外の超有名セレブリティーやインフルエンサーをはじめ、「Vice」といった有名メディアからも異例の高評価を得ている。





日本でも、過激なラップとTWERK(トワーク)ダンスで100万回再生を超える人気の『Fxxk Boyz Get Money』が水原希子にインスタグラムでシェアされたり、Google AndroidのTV-CM「New Android登場篇」への出演、「ULTRA JAPAN」「FASHION'S NIGHT OUT」「a-nation」「YouTube FanFest」といった話題のイベントで、マネキン・ダンス・パフォーマンスを披露するなど、アンダーからオーバーグラウンドまで、とにかくスタイリッシュかつ衝撃的な活動で、知る人ぞ知るカルト的な人気を博してきた。

そして、そのメジャー・デビュー作は、「無音パッケージ」という新たな試みが初めてメジャー流通されるという、実にFEMMらしい特殊な作品となっている。

新曲2曲と初収録3曲を含む10曲入りのEP(Disc.1)に、全米ビルボードのWORLDチャートで10位を獲得したインディーズ時代の配信限定アルバム『Femm-Isation』の初パッケージ商品(Disc.2)を付けた豪華2枚組 (計23曲入り)なのだが、Disc.2が「普通のアルバム」である通常版と「無音パッケージ」という聞き慣れない代物になっている特殊版という、2種類の形態が同時発売される。

無音パッケージとは、見た目はCDパッケージ商品と全く同じだが、 実は中身は空のCD-R。

ダウンロードした楽曲をそのCD-Rに焼く事で通常のアルバムとして完成するというもので、今回、通常版に比べて1,500円安く価格設定がなされている。既に配信アルバムを購入しているファンには嬉しい、斬新な発想の商品だ。

収録される新曲2曲も、代表曲「Fxxk Boyz Get Money」を象徴するダンスであるトワークに、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でお馴染みのツイストを掛け合わせた新たなダンス・スタイル「TWIST & TWERK」を提唱するコケティッシュなガールズ・アンセム「PoW!」と、現在のEDMブームの先駆けとなったエレクトロ・シーンを牽引し、スクリレックスとのユニット「Dog Blood」でも知られるドイツ人DJ「Boys Noize」のプロデュースによる、ファンキーかつハードなフロア・チューン『L.C.S.』というコントラストの効いた作品に仕上がっている。

本日発表されたビジュアルからは、既発のクール・ジャパンとはどこか一線を画すクレイジー・ニッポンとも言えそうなトリッキーでアヴァンギャルドな「KAWAII」を感じることができる。ジャパニーズ・ビジュアライゼーションの未来を担い、日本国内のみならず世界中に多くのファンを持つこの2体から、より一層、目が離せそうにない。

この記事の画像一覧