MISIAがいま伝えたい”愛の形” 2016年早々にNEWアルバム『LOVE BEBOP』発売決定

J-POP 公開日:2015/12/10 35
この記事を
クリップ
}/

MISIA 12枚目となるオリジナルアルバム の発売が2016年1月6日(水)に決定した。

約2年ぶりとなるアルバム『LOVE BEBOP』は、このアルバムのために新たに書き下ろされた新曲4曲のほか、2015年に様々なシーンで話題となった豪華タイアップ楽曲含む全13曲が収録された1枚(初回生産限定盤のみ全14曲)。





「いつだって 愛が全て 変えていけばいい」というテーマで制作された今作は、様々な”愛“の形を表現した作品で、ほぼすべての楽曲をMISIA自身の作詞のもと制作されており、愛の強さ、そして優しさや、儚さを表現したアルバムになっている。

制作期間は、前作『NEW MORNING』(2014年2月)発売のタイミングからスタートし、2年以上の月日をかけて作られた作品。

レコーディングは、ロンドンにあるAbbey Road Studioや、ダラス、そしてアトランタなどにて行われ、数々の世界一流プレーヤーが参加しており、タイトル曲である新曲の『LOVE BEBOP』は、2年にわたる制作期間の中で最後に完成した懇親の一曲となる。

ジャケット写真には、まさに女神を想像させるような、黄金に輝く冠をつけたMISIAが登場。

アートワークを手掛けたデザイナーの信藤三雄氏は「派手で、シックで、ゴージャスで、新年に相応しく、幸せがやって来そうで、しかも今までに無かったフレッシュなMISIAのアルバムジャケットを目指しました」とコメント。

満を持したアルバムの発売に、MISIAは「いつだって愛が全て変えていけばいい。そんな想いを込めてこのアルバムを作りました。2016年が愛に溢れLOVE BEBOPできる素晴らしい1年になりますように。」とコメントを残している。

タイトル曲となる新曲『LOVE BEBOP』は、MISIAのルーツであるソウルミュージックを思わせるアップビートなダンスチューン。

歌詞には“肩書きなんて関係ない”“誰のために世界はあるの?”などという現社会への問いかけとともに、今回のアルバムのテーマとなった「いつだって 愛が全て 変えていけばいい」という言葉で楽曲を締めくくっており、BEBOP=フリースタイルという単語の通り、それまでの概念を打ち破り、新しいものをつくりあげる、という意味を込めて作られたこの楽曲は、何かを判断する時や、願いを叶えるためには、どんな時にも“愛”を持ち、形にとらわれず“愛で全てを変えていけばいい”というMISIAならではのBEBOPなメッセージが込められている。

またその他に、新曲『Oh Lovely Day』ではMISIAの王道の名曲『Everything』の作曲家である松本俊明氏との最強タッグで、愛する人に出逢えた喜びやトキメキを表現し、『FREEDOM』では、『逢いたくていま』や『BELIEVE』の作曲を手掛けた作曲家の佐々木潤氏と制作され、未来への強いメッセージをEDMサウンドにのせて歌いあげている。

本日より全曲視聴トレーラーが公開され、一足先にアルバムの全貌を聴くことができる。

過去には、テレビ朝日「お願いランキング」にて、「聴くと恋愛運UPするアーティストランキング」で1位に挙げられたこともあるMISIA

これまで実際に、堺雅人・菅野美穂夫妻が共演した映画「大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]」の主題歌を担当するほか、向井理・吹石一恵が出演するドラマ「S-最後の警官-」や映画「S-最後の警官-奪還RECOVERY OF OUR FUTURE」の主題歌を担当するなど、“愛をつなぐ女神”として芸能界でもそのジンクスがあとを絶たない中、2016年の幕開けと同時に発表される新アルバム『LOVE BEBOP』。なんと初回生産限定盤には、恋愛成就と書かれた絵馬をモチーフしたステッカーが貼付されている。

愛の女神として放たれる歌と、言葉と、音楽。MISIAの愛と自由がつまった黄金に輝くニューアルバム『LOVEBEBOP』。MISIAがいま伝えたい”愛の形”に注目したい。

また、年末12月31日(木)には、第66回NHK紅白歌合戦・戦後70年特別企画としての出演も決定。2016年1月8日(金)には、「MISIAのオールナイトニッポンGOLD」(22:00~24:00 生放送・ニッポン放送系列全国19局ネット)にも出演が決定しており、年末年始、MISIAが世間を賑わせること間違いなしだ!

この記事の画像一覧