BoA 11年ぶりの『メリクリ』セルフカバーが話題に

J-POP 公開日:2015/12/01 26
この記事を
クリップ
}/

冬に聴きたい曲といえば、必ず想い出すあのBoAの名曲『メリクリ』が11年の歳月を経て、セルフカバーで新しく生まれ変わったことが話題になっている。そのCM-SPOT動画がオリジナル曲の発売からちょうど11年となる12月1日に公開された。

同曲のオリジナルは2004年12月1日にリリースされ、色褪せることなくXmasの代表曲として定着しているが、当時はラブバラード曲として制作され、Xmasのイメージはそこまで強くない楽曲だった。





今回の新しいヴァージョンは、よりXmasを感じさせるピアノ、ベル、そしてストリングスが華やかに鳴り響くフルオーケストラのアレンジとなっており、成長したBoAの歌声と重なり、また新しい冬の名曲として生まれ変わっている。

新たに制作されたSPOT映像では、その成長をより感じ取れる内容となっているので是非注目してほしい。さらに、このMUSIC VIDEOも近日公開予定とのことで、期待が高まるばかりだ。

この『メリクリ(Happy 15th Anniversary)』は、彼女の魅力がふんだんに詰まった豪華3曲入りのシングル『Lookbook』(2015年12月16日発売)に楽曲収録されることが決まっている。

また、BoAは12月2日(水)のフジテレビ系「2015 FNS歌謡祭」への出演、

12月11日(金)には、韓国ソウルで行われ大反響を呼んだ韓国デビュー15周年記念ライブ「BoA Special Live NOWNESS」の日本公演の開催も決定しており今後も目が離せない。

▼SPOT動画はコチラ
https://www.youtube.com/watch?v=8-TVYRodb38

この記事の画像一覧

関連タグ