平井 堅 20周年の感謝を込めたツアーファイナルでファンと大合唱

J-POP 公開日:2015/11/24 3
この記事を
クリップ
}/

今年5月にデビュー20周年を迎え、9月4日から約4年ぶりとなるフルバンドを従えての全国ツアー「Ken Hirai 20th Anniversary Live Tour 2015」をスタートさせた平井 堅が24公演目となる11月23日の沖縄コンベンションセンターでツアーファイナルを迎えた。





LIVE冒頭では「こんばんは平井 堅です!Ken Hirai 20th Anniversary Live Tour 2015へおこしいただきありがとうございます!9月4日から2ヶ月半、全24公演、本日ここ沖縄でファイナルでございます!今宵ファイナル、死ぬ気で歌います!最高の夜にしようぜ沖縄 Boys & Girls!!!」と語り本ツアーの華々しい締めくくりを宣言し、『瞳をとじて』『POP STAR』をはじめとした歴代のヒット曲の数々や近年、斬新なクリエイティブにトライして大きな話題を呼んだ『告白』、『ソレデモシタイ』など新旧の名曲を立て続けに披露し、終始会場を賑わせた。

また、LIVE中盤に設けられた“皆様のおかげで20周年!恩返しリクエストコーナー”と銘打たれたパートでは、ファンへの感謝の気持ちを込めて会場のお客さんからその場でリクエストされた楽曲を各会場2曲ずつ披露し、本ツアーでのハイライトのひとつとなった。平井 堅はこのリクエストコーナーのためにデビュー以来発表してきた130曲以上にのぼる自身のオリジナル曲をツアー前に改めておさらいし、自身の歩みを振り返りながら、このリクエストコーナーにのぞんできた甲斐もありツアー全公演においてリクエストに応えた。また、リクエストを募る際に1曲目はステージ上から平井 堅が投げるボールをキャッチしたお客さんがリクエストし、2曲目は2階席より上のお客さんにボールを届けるために特製のバズーカを用意し、お客さんに向けて打ち込む姿も見どころのひとつとなった。

LIVE終盤では「どうもありがとう。本当に皆さんのおかげで最高の気持ちでステージに立てています。やっぱり歌っていうのは見えないところで作るものだけど、こうして目の前で聴いてくれる人がいて完結するものだと思います。僕が出来ることは今後も命をかけて歌うこと、一人一人の人生に寄り添える歌を歌える歌手になってまたこのステージに帰って来たいと思います。」と語り、ファンに向けて20周年の感謝の気持ちと歌手としての思いを告げ、平井 堅のLIVEでは欠かせない『Love Love Love』を披露しLIVE本編を締めくくった。

本編終了後も鳴りやまぬ拍手に応えて再びステージに姿を現したアンコールのラストでは『Gaining Through Losing』を披露。最後は会場全体の大合唱に包まれ、平井 堅の20周年ホールツアーは幕をとじた。

そして今後も続く20周年イヤーはLIVEが続き、12月23日と24日には横浜アリーナで恒例のクリスマスLIVEとして「Ken Hirai 20th Anniversary Ken's Bar X'mas Special !!」の開催も先日発表されており、平井 堅の20周年イヤーはさらなる盛り上がりをむかえる。

関連タグ