Crystal Kay が三代目JSBの今市隆二とコラボ

J-POP 公開日:2015/11/18 10
この記事を
クリップ
}/

Crystal Kay(29歳)が、12/16に発売されるNew Album『Shine』に収録される楽曲で、今市隆二 (三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)(以下、今市)と初めてコラボすることが決定した。





コラボする楽曲は、1981年にアメリカの女性シンガーDebra Laws(デブラ・ロウズ)が兄ロニーとのデュエットでリリースし、全米R&Bチャート最高位11位を記録したR&B/SOULの名曲「Very Special」の日本語カバー。『Very Special』はその後2003年にJennifer Lopez(ジェニファー・ロペス)がリリースした『All I Have featuring LL・Cool・J』という楽曲でサンプリング使用され全米チャート1位の大ヒットとなった。

『Very Special』が日本語でカバーされるのは今回が初めて。
Crystal Kayがニュー・アルバム制作をしていく中で自身のルーツでもあるクラシックなR&B/SOULの洋楽カバーを収録したいと思い探していたところ、ジェニファー・ロペスもサンプリング使いでヒットしたDebra Lawsの名曲『Very Special』にたどり着いた。オリジナルの『Very Special』が男女で歌い分けていることから、コラボレーションする男性ボーカリストを考えていたところ、Crystal kayが今年三代目 J Soul BrothersのドームTOURにてPKCZ(R)の客演ボーカリストとして参加していた際に、よく耳にしていた繊細ながら力強い、今市隆二の声が浮かんだ。この今市の「伝える」「力強い」歌声が合うと思い、今回コラボを打診。今市はこれを快諾。この度“特別な”コラボレーションが実現した。

完成したCrystal Kay feat.今市隆二 (三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)『Very Special』は、冒頭「愛があるから 僕らはVery Special あなた探してた 君を探してた あなたと私 二人はVery Special」という歌詞で始まる大人のLOVE SONGに仕上がっている。和訳の歌詞は中村彼方が、サウンドメイキングは『恋におちたら』の編曲も担当したShingo.Sが制作した。

Crystal Kayはアルバムリード曲『何度でも』(フジテレビ系 木曜劇場「オトナ女子」挿入歌)を先日(11/4)先行配信し、シングル週間ランキングで早くも3位(11/4~11/10集計)を記録するなど、約3年ぶりのアルバムへの期待が高まっている中、本日NEW ALBUM『Shine』の収録内容詳細も公開された。『Very Special』以外にも、AK-69とコラボした「#HEARTMELT」が収録されるなど、参加アーティストも豪華なタイアップ曲満載のNEW ALBUM『Shine』が完成した。

更に、「Crystal Kay LIVE TOUR 2016」単独ライブツアーが決定したことも発表。日程は後日発表されるが、今年第二章をスタートさせたCrystal Kayの活動が更に加速していくことは間違いない。

Crystal Kay コメント】
この曲が日本語でカバーされるのは初めてだと思います。だから、オリジナル曲が好きな人は懐かしいと思ってくれると思いますし、今の若いリスナーにこの曲がどう響くのかなということにも興味があります。クラシックなR&Bを、若い世代に聴いてもらいたいとずっと思っていました。歌詞もオリジナルに忠実な詞になっているので、そこも分かりやすく作ることができたと思います。ライブで歌う姿を観ていて、『伝える』ということに対して本当に真摯に努力をしている今市さんの姿を今年観させていただき、今回のコラボレーションを打診しました。こちらのオファーを受けていただき、本当に嬉しく思っています。

今市隆二 (三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)コメント】
今回アーティストとして尊敬してるCrystal Kayさんとコラボレーションさせて頂けることをとても嬉しく思います。自分自身R&B/SOULが大好きで80年代のこの名曲を日本語カバーできることがとても光栄で、より多くの方に聴いて頂きたいですし、三代目とは違う雰囲気やCrystal Kayさんとのコラボレーション是非楽しんで下さい!そして沢山の魅力が詰まったNew Album『Shine』是非じっくり聴いて楽しんで下さい!!

この記事の画像一覧