秦 基博 3年ぶりのオリジナルアルバム決定!『ひまわりの約束』も初収録

J-POP 公開日:2015/11/05 2
この記事を
クリップ
}/

2015年は9曲もの楽曲がタイアップ曲としてお茶の間に流れ、今、もっとも幅広い世代からの共感と支持を集めるシンガーソングライター秦 基博が、オリジナルアルバムとしては2013年1月リリースの『Signed POP』以来、およそ3年ぶりとなるニューアルバムを12月16日にリリースする。そのタイトル、収録曲、ジャケット写真などのアートワーク、そして初回生産限定盤の特典となるDVDの内容などの詳細が遂に明らかとなった。

アルバムのタイトルは、『青の光景』。秦 基博のフィルターで切りとった青い光景、景色であり、気持ちであり、表現者としてより深まっていった秦 基博自身の姿や想いが込められたものとなっている。





今作には、2014年4月リリースの『ダイアローグ・モノローグ』以降の4枚のヒットシングルを収録。

2014年夏に公開された映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌としてリリースされ大ヒットを記録し、その後も結婚式や卒業式など幅広いシチュエーションで人気を集め、先頃発表されたレコチョクのロングヒットランキングでは邦楽1位に入るロングセールスとなっている『ひまわりの約束』、河瀨直美監督×樹木希林主演でカンヌ国際映画祭ほか多くの映画祭に正式出品され、スペインのバリャドリッド国際映画祭では最優秀監督賞を受賞するなど日本のみならず世界中で絶賛されている映画「あん」の主題歌『水彩の月』、東野圭吾が10年前に発表し映像化不可能と言われ続けてきた衝撃のクライシスサスペンス原作を堤幸彦監督の手によって待望の映画化がされた映画「天空の蜂」主題歌『Q & A』と、3連続映画主題歌としても大きな話題となった3枚のシングルでは、ミディアム、スロー、そしてアグレッシヴと多彩な曲調でリスナーを魅了する。

また、シングル以外でも、今年の4月からNHK Eテレ『人生デザインU-29』のテーマソングとして若い世代からの圧倒的な共感を集めている『ROUTES』、大東建託『みんなの想い篇』CMソングとして、今を頑張る人の背中を押す応援ソングとして人気の高い『デイドリーマー』、大沢たかお・長澤まさみ出演で世界を舞台に活躍する世界人をテーマとしたGLOBAL WORKの人気CMソングとして提供された心の故郷を想起させる優しいナンバー『Sally』、松坂桃李出演のハウス『北海道シチュー』CMソングとして現在オンエア中で、今年を代表するクリスマスソングになるに違いない「聖なる夜の贈り物」など、4曲のタイアップ楽曲が収録され、全13曲中7曲がタイアップ付きという強力な1枚となっている。

初回生産限定盤は、デジパック+三方背+32Pスペシャルブックレットの豪華仕様になるほか、アルバム制作時のドキュメント映像に加え、秦 基博が語る“青の光景”制作ヒストリーや参加ミュージシャン(あらきゆうこ・皆川真人・鈴木正人)との対談ほか、今年9月青森県三内丸山遺跡にて行われた2015年唯一のワンマンライブのドキュメント&ライブ映像、さらには新海誠監督制作『言ノ葉』のミュージックビデオ『言ノ葉 –Makoto Shinkai / Director’s Cut—』など、見応え満載、
総尺60min.を超える特典映像を収録したDVD付きなので、是非、早めにチェックして欲しい。

11月6日に発行される雑誌「ダ・ヴィンチ」では、20ページに及ぶ秦 基博の大特集が組まれることも決定。

2015年、秦 基博『青の光景』は、必ずやあなたにとっての大切な1枚になることだろう。

この記事の画像一覧

関連タグ