松坂桃李も生歌に感動!情報から隔離された島出身の“Anly”デビュー曲

J-POP 公開日:2015/10/05 30
この記事を
クリップ
}/

10月4日に行われたフジ系10月新ドラマ「サイレーン 刑事×彼女×完全彼女」の制作発表で、主演の松坂桃李をはじめ、木村文乃、菜々緒などが登壇、一般招待者のフォトセッションなども行われ笑顔を見せる中、沖縄・伊江島出身のシンガーソングライター“Anly(アンリィ)”が歌うこのドラマ主題歌『太陽に笑え』が
11月25日に発売されることが発表された。

Anlyは若干18歳、沖縄の伊江島という離島出身の女性シンガーソングライター。





情報が隔離された島で、音楽好きの父親の影響で60年代、70年代の音楽とギターをおもちゃがわりにして育った。

無名の彼女だが、その歌声と歌唱力、作詞・作曲のセンスから、音楽関係者に、すごい高校生がいると噂が伝わり、あっという間に、ラジオ・テレビ・ネット・フェスと音楽業界を巻き込む話題となっている。

昨年6月に沖縄ナムラホールで実施されたシンガーソングライターmiwaのアコースティックライブツアー“アコギッシモ”のフロントアクトとして出演、その類まれなライブパフォーマンスで注目を浴び、 今春高校卒業後、東京・下北沢のライブハウスでのライブを見た音楽関係者から大絶賛され、音楽高感度で名高いJ-WAVE(FM)で、フジロック・フェスティバルやサマーソニック等大型夏フェスを紹介するレポーターに抜擢、スペースシャワーミュージックからインディーズ盤「Bye-Bye」が急遽リリースされる。

デビューからドラマ主題歌という大役に、「大変光栄に思います。『太陽に笑え』は私にとってもテーマソングのような存在で、どんな時でも信じる道を前に進むというメッセージが詰まっています。」と本人はコメントしている。

この曲は、インディーズ盤のレコ発ライブに自ら足を運んだ松坂桃李が、アンコールで聴いて感動した曲だそう。

この記事の画像一覧