ドラマ版「監獄学園」OPにHaKU新曲が決定

J-POP 公開日:2015/09/18 27
この記事を
クリップ
}/

高度な演奏力と、クリエイティビティを兼ね備えたサウンド・アルチザン4人組ロック・バンド“HaKU”のニューシングル『衝動』が、初のドラマタイアップに決定した。

原作コミックス累計700万部突破の学園脱獄コメディ実写化、MBS・TBS深夜ドラマ「監獄学園 -プリズンスクール-」オープニングテーマとして、この秋の音楽シーンにHaKUサウンドを発信する。





11月18日のリリースを前に、ドラマ映像満載のティザー映像が本日より公開。

骨格となるバンド・サウンドに絶妙に絡むエレクトロ・フレーバーは、HaKUならではのオリジナリティを感じさせ、ロックの重心とダンス・ミュージックの輝きを兼ね備えた唯一無二のグルーヴを生み出している。

コンポーザー兼プロデューサー・辻村の高いポテンシャルと、アーティストとしてのレンジをさらに広げるHaKUの新作に要注目だ。

『衝動』はシングルリリースに先駆けて、10月28日から先行配信スタート予定となっている。

このシングルのリリースを記念して、東京・大阪でのワンマンLIVEも決定。今年6~7月にかけて行われたワンマンツアーで益々磨きをかけた彼らのパフォーマンスは必見だ。

さらに、本日9月18日21時よりツイキャスを実施。チケットの「ツイキャス先行予約」を行い、新曲の制作秘話や、新アー写についてなど、メンバー4人が語る。

10月からはFM PORTにて「TOKYO→NIIGATA MUSIC CONVOY」のレギュラーDJを務めることも決定。

2015年、勢いが止まらないHaKU。DANCE × ROCK × POP!! サウンドが、胸に閉じ込められた“衝動”を解放する。

 

HaKU Songwriter辻村有記より

ドラマ「監獄学園-プリズンスクール-」のタイアップ曲という事で、原作を読ませて頂いてからの制作作業だったんですが、読んだ最初の感想は「これ実写化出来るの...??」でした。

それくらい過激な描写が多い作品で、男の子なら誰しも夢中になる(笑)世界が広がっておりました。
知らない事が知りたくてたまらない衝動。
そこからタイトルでもある『衝動』というテーマが生まれ、それを元に楽曲を作っていきました。
攻撃的なバンドアンサンブルに加え、エレクトロ要素が上手く混ざった、HaKUにとっての新たなダンスアンセムソングに仕上がったと思います。

そして男性、女性のツインボーカルが拮抗する“衝動”を楽しんでもらえたら嬉しいです。

この記事の画像一覧

関連タグ