鷺巣詩郎手がける「進撃の巨人」サントラ詳細が明らかに

J-POP 公開日:2015/07/01 5
この記事を
クリップ
}/

2015年最高の話題作『進撃の巨人』のサウンドトラックの詳細が明らかになった。


原作は講談社「別冊少年マガジン」に連載中で、最新16巻まで含めた全世界累計発行部数が5000万部を突破する大ヒットコミック、「進撃の巨人」。若き才能・諫山創が描く、飛びぬけて斬新な世界観と迫力あるストーリー展開が「これこそ21世紀のマンガ」と話題になり、瞬く間に読者の圧倒的な支持を獲得した、注目度No.1のコミックだ。



2013年4月からスタートしたアニメ版はそのクオリティの高さから普段アニメを見ない層からも支持を集め、DVD1巻の売り上げが1万本売れれば大ヒットといわれる市況の中、10万本を越える売り上げを記録。ニコニコ動画での本編配信をきっかけにファンのMAD(既存の映像を元に音楽などとリミックスする動画)が上位100位を進撃が占めるという快挙をなしとげ社会現象と化している。

モバイルゲームや商品化、スピンオフコミック、関連グッズも多数生まれ、その勢いはとどまるところを知らない。映画では、新たな敵、新たな仲間、予測不能の展開と、原作者・諫山創と創り上げた、新たなる進撃の世界に興奮必至。

そして、その音楽を担当するのは『EVANGELION』など、日本が世界に誇るマエストロ・鷺巣詩郎。

7月22日に発売されるこの『進撃の巨人』オリジナル・サウンドトラックの詳細が明らかになった。

■収録曲:
1.Le Soleil d'Or
2.War Song
3.Masterplan, Metalopera
4.God have Mercy
5.Rise up, Rhythmetal
6.The Original Sin
7.Boule de cristal, piano
8.For the dead
9.Die die die die!!
10.Temper the wind
11.Orchestre, lent
12.Deuxieme ouverture
13.Rise up
14.War, politics and power
15.Attack of Titans
16.Orchestre, geant a l'est
17.ATM, Rhythmetal
18.Orchestre, apogee
19.Golden Sun
20.Boule de cristal, epilogue d’orchestre
Composed, Arranged and Produced by Shiro SAGISU
The London Studio Orchestra
Leader: Perry Montague-Mason

■アートワーク
巨人を全面に配したカヴァーにエレンの印刷を透明フィルム上に施した特殊ジャケット。
全20Pのブックレットには収録曲のスコア(2曲分)と歌詞、更に鷺巣詩郎による解説が収められている。

■鷺巣詩郎による解説の抜粋
01 Le Soleil d'Or
今作を通し鳴っているオーケストラは「The London Studio Orchestra」。ハリウッドを頂点とする映画音楽界において、まごうことなき世界一のオケ。Isobel Griffithsによって招集され、Perry Montague-Mason をリーダーとする面々は、その名が列挙されないブロックバスタ(ハリウッド大作)を探すほうが困難なほどだ。編曲の天野正道、指揮者 Nick Ingman、The London Studio Orchestra、彼等は皆、鷺巣の音楽に絶対欠かせない、長年の固定メンバーである。

03 Masterplan, Metalopera
オーケストラを引き裂くように君臨するリズムを操るのは CHOKKAKU。同業者でありながら、鷺巣は「大編成」派、CHOKKAKU は「Guitar支配によるバキバキのリズム」派。ゆえに「最強の同居」が、ここに成立した。題して「メタル=オペラ」。


この記事の画像一覧