吉岡里帆は「熱い女」 同い年の吉村界人がドキッとしたエピソード明かす

イケメン 公開日:2018/07/31 23
この記事を
クリップ
}/

毎週火曜よる9時放送のドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」は、吉岡里帆が演じる新人ケースワーカー・義経えみるの成長を描いたヒューマンお仕事ドラマ。安定を求めて公務員になったえみるが配属されたのは生活保護受給者を支援する「生活課」。受給者たちの様々な人生の困難に直面し、困惑しながらも、目の前で困っている誰かのために、汗をかきながら奮闘していくストーリー。

第1話では、受給者の阿久沢(遠藤憲一)を持ち前の熱意で説得し、自立への手助けに成功。第2話では、ニュースなどで取り上げられ、世の関心を集めている“不正受給”がテーマ。えみるが担当する日下部家の長男で高校生の欣也(吉村界人)が、役所に申告していなかったバイトの給料が不正受給とみなされ、バイト代で稼いだ60万全額を役所に返さなければならなくなってしまう。さらに、えみるの不用意な発言が、日下部家に亀裂をもたらしてしまう…というストーリーだった。

続く第3話では、欣也が家出してしまったことが判明。日下部家の状況を案じながらも、厳しく“全額徴収”を求める上司の京極(田中圭)の指示に困惑するえみる。先輩の半田(井浦新)から、まずは“日下部家との間に信頼関係を築くことが先決”と助言を受け、日下部家の問題を解決するために奮闘するが…?




「欣也は、若者の声を言いきっているキャラ。彼の言うセリフは刺さりますし、自分にも重なりました」と話す欣也役の吉村界人。「欣也はなんかかわいそうっすね……。僕自身、“生活保護を知っているか?”とか、“どう思うか?”と質問されても答えられない。彼(欣也)だって知らなくて混乱するのは当然で、“俺、そんなに悪いことしたのかな?”というセリフが一番心に突き刺さりました。バイト代を全額徴収されなければならないくらい悪いことを俺はしたのか? と。欣也はそういう若者の声を言い切るキャラです」と吉村。

さらに吉村は2話後に配信されたチェインストーリー#2.5にも出演。「チェインストーリーの一人で歩いてモノローグを語るところ、撮影していて泣けました。悲しい、悔しい、両方ある。疑問もある、どういうことなんだと。僕が高校生で欣也の立場なら“ふざけんなよ”って思います。いまはちょっと大人だから説明されれば納得するんだろうけど、ティーンエイジャーだったら怒りのほうが大きいんじゃないかと思うんです」と欣也の胸の内について語ってくれた。

また、同い年の吉岡里帆とは今回が初共演。「3年くらい前に僕が主演したインディーズ映画があるんですが、うれしかったのが、僕が(このドラマに)クランクインした日に吉岡さんが、“あの映画の初日の舞台挨拶に行ったよ”と話しかけてくれたこと。“吉村界人っていうすごいやつが出て来たっていうから気になって見に行ったよ”と言われてドキッとしました。僕からすれば吉岡さんはすごく売れている一流芸能人だから。でも、それから現場で会うたび毎回話すようになりました。夢のこととか、信念とか…、彼女、熱い女ですよ。いい現場に入れたなって、吉岡さんのおかげで思いました。一緒にできて本当にうれしい。歌やギターのシーンも、吉岡さんが“がんばって”って言ってくれたからがんばりました」と吉岡との熱いエピソードを披露した。

「ドラマを通して、若者の声を届けたい」と熱演の吉村。欣也とえみる、熱い二人の激突に期待したい。

(C)関西テレビ

この記事の画像一覧