Nissy、吉沢亮主演「あのコの、トリコ。」で初の映画主題歌書き下ろし

イケメン 公開日:2018/07/11 26
この記事を
クリップ
}/

「Sho-Comi」(小学館)にて連載され累計発行部数100万部突破(既刊5巻/電子ダウンロード含む)、主人公の地味で冴えないメガネ男子・頼(より)が大好きなあのコ・雫(しずく)のためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、そして昴(すばる)の幼なじみ3人が恋と夢を追いかけるストーリーが人気を博した白石ユキの「あのコの、トリコ。」が実写映画化、10月5日(金)より、全国公開する。





主人公の鈴木 頼(すずき・より)を演じるのは、この夏「BLEACH」や「銀魂2 掟は破るためにこそある」など超話題作の公開も控え、今年8本の映画に出演している吉沢亮。誰もが認める美貌と演技力を兼ね備えた彼が、吉沢亮史上最高に冴えない地味男子を見事に演じ切り、新境地を切り開く。さらには、大好きな“あのコ”のためにかっこよく変貌していく姿を魅力全開に体現、そのギャップで観るものすべてをトリコにします。

そんな頼が一途に思いを寄せるヒロインの立花 雫(たちばな・しずく)に扮するのは、nonnoモデルとして活躍する中、確かな演技力への評価が高い新木優子。そして、頼のライバルで超人気イケメン俳優・東條昴(とうじょう・すばる)には若手注目株の杉野遥亮が演じる。脚本は「今日、恋をはじめます」、「クローバー」などをヒットに導いてきた巨匠・浅野妙子。「最高の離婚」、「続・最後から二番目の恋」など数々のドラマを手掛けた期待の新鋭・宮脇 亮が満を持して映画初監督に挑む。

この度、吉沢亮本人がナレーションを務める本作の予告編映像が完成した。唯一無二の美しさを誇る俳優 吉沢が地味で冴えない主人公・頼に扮し、新木優子演じるヒロイン・雫の夢を叶えるために献身的に尽くす姿には、萌えること間違いなし!

吉沢が凄まじくかっこよく覚醒していく【メガネをはずす】シーンは悶絶必須だ。原作コミックの中でも衝撃的で、圧倒的な人気を誇る【頼(吉沢)と雫(新木)のランジェリー広告撮影】のシーンの再現力と美しさも必見!

さらには、頼と雫の水族館デートで頼がずぶぬれになる一幕や、目に涙を浮かべる雫のウエディングドレス姿、昴(杉野)が雫を抱きしめるシーンなど、頼、雫、昴3人のそれぞれの想いが溢れ出し、ドキドキが止まらない。頼と雫、そして昴、幼なじみ3人の恋と夢の行方に、期待が高まる映像に仕上がっている。

1/2ページ

この記事の画像一覧