JKT48 一足先に選抜総選挙!意外な展開連発

アイドル 公開日:2015/05/02 8
この記事を
クリップ
}/

今年で2回目を迎えたJKT48選抜総選挙。




2015年5月末発売予定の10thシングル表題曲選抜メンバー16名、およびカップリング曲メンバー16名を選ぶ投票が行われ昨年の投票総数207,022票を大きく上回る、366,301 票の投票を獲得。この開票イベントの様子は、地上波TV放送局NET.TVおよびライブストリーミングによ りインドネシア全土に生中継された。

昨年の6月よりAKB48からJKT48に移籍した近野莉菜は、中間発表(第1回目:11位、第2回目:12位)から 惜しくも順位を下げたものの、18位でアンダーガールズ入り。受賞のスピーチで他のメンバーへ感謝を伝える姿に、多くのメンバーが涙した。また、仲川遥香は、昨年から順位を1つ上げ見事2位を獲得。そして、昨年2位のジェシカ・フェランダが今年のJKT48選抜総選挙1位を獲得した!

1位
ジェシカ・フェランダ
2位
仲川 遥香
3位
メロディー・ヌランダニ・ラクサニ
4位
アンデラ・ユウォノ
5位
デフィ・キナル・プトゥリ
6位
シャニア・ジュニアナタ
7位
ラトゥ・フィエンニ・フィトゥリリア
8位
プリシリア・サリ・デウィ
9位
シンディ・ユフィア
10位
ナビラ・ラトナ・アユ・アザリア
11位
リスカ・ファイルニッサ
12位
ベビー・チャエサラ・アナディラ
13位
ガイダ・ファリシャ
14位
アヤナ・シャハブ
15位
センディ・アリアニ
16位
ガブリエラ・マルガレット・ワラオー

仲川 遥香
「最近考えたことがあります。JKT の活動をしていて楽しい反面、今の立場が辛く感じることもありました。自分では背負えないとも思っていました。AKB にいた頃にはなかった気持ちです。「AKB の経験があったから、JKT で今のポジションなんでしょ。」とたまに言われることがあります。それは、そうかもしれませんが、私は JKT48 で精一杯頑張っています。私はまだできないこともたくさんありますが、みなさんはいつも優しく私を支えてくれています。日本に帰りたいと思ったこともあります。家族に会いたい気持ちが最近強くて、今朝、日本の祖母から電話があった時「遥香、何位になったの?」と聞かれましたが、「まだ終わってないよ。」言いました。応援してくれている祖母に感謝しています。私はここで頑張らないといけません。自分に欠けていることもたくさんありますが、頑張り続けていきたいと思います。まだここにいってもいいですか、みなさん?ありがとうございました。 」(C)JKT48 Project

・本家AKB48楽曲は【クリック】


この記事の画像一覧