道重さゆみ卒業の影響は?モー娘。'15はどうなる?

アイドル 公開日:2015/04/16 26
この記事を
クリップ
}/

道重さゆみ卒業後、新体制による第1弾シングル『青春小僧が泣いている/夕暮れは雨上がり/イマココカラ』を発売したモーニング娘。'15。


昨年加入した12期メンバー4人を迎えた新体制はどうなのか?



まずは道重さゆみ卒業の影響。ここ最近、イベントでもライブでもMCでは殆んど道重が回していただけに大丈夫なのか?とファンの間でも課題となっていたが、結果としてはそれほどの影響はないと思われる。というのも、新リーダーを譜久村聖がしっかりと回せる体制となっているからだ。

元々がメンバーからも指摘されるほどの「ハロプロヲタ」である彼女。知識量は下手な記者よりも高いと言われるだけにMCでもしっかりとメンバーを回し、サポートしていく。ファン気質だからか「ツボ」を知っているのもMCに役だっているのだろう。また、落ち着いた性格なので、質問にもしっかりと真摯に答えられ非常に評価が高い!道重さゆみの後継者として成長をしている。

新メンバーだが、パフォーマンスの面ではやはり先輩に劣る部分はある。しかし、元々がダンスも歌もアイドル業界で3本の指に入る程に水準が高いモーニング娘。'15。先輩たちについていけるだけでも十分に素晴らしい。元ハロプロ研修生の牧野真莉愛、羽賀朱音はしっかりと自分たちの持ち味を発揮し新人とは思えない貫禄すら漂う。尾形春水、野中美希も朴訥な雰囲気を残しながらいい意味での「ガツガツ」を発揮。特に尾形は関西出身者ならではのトークスキルをチラリと見せる場面も多く、今後に期待が持てる。

大黒柱である道重さゆみの卒業という大きな転換期を迎え心配されたモーニング娘。'15は確かな成長でしっかりと進化をしている。横浜アリーナにて単独公演を行い、道重さゆみに今度は恩返しをする日は、そう遠くはない気がする。

【モー娘。最新情報、卒業メンバー情報はクリック】
・【クリック】モーニング娘。一曲から販売中!
公式Twitterアイドルのライブ情報、インタビュー完全オリジナル!
→@dwangojpnews


この記事の画像一覧