≒JOY、結成からわずか8か月で初の単独公演を開催

アイドル 公開日:2022/11/30 12
この記事を
クリップ

指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ=LOVE(イコールラブ)、≠ME(ノットイコールミー)に続く「第3のグループ」として誕生した≒JOY(ニアリーイコールジョイ)。先週3rdソング『超孤独ライオン』を配信リリースし、今までの爽やかさとは対極にあるハードな楽曲が話題となっているが、11月30日、山野ホール(代々木)にて、グループ結成からわずか8か月で初の単独公演となる「≒JOY 特別公演」が開催された。


「≒JOY 特別公演」は、チケット販売開始とともに即完売となり、プラチナチケットを手にした約800名の来場者を収容し、ライブ配信も併せて開催。オリジナル曲と先輩グループの=LOVE、≠MEのカバー曲等を含む、全19曲を全力パフォーマンスし、会場とカメラの向こうの配信視聴者を大いに盛り上げた。



単独公演は、メンバーの江角怜音がセンターを務める1stソング『≒JOY』からスタート。「愛じゃなくて、恋じゃなくて、夢を歌え」というサビの歌詞さながら、夢に向かって突き進むメンバーの強い意志が伝わる全力のパフォーマンスが1曲めから繰り広げられた。続いては、=LOVEのカバー曲『スタート!』『届いてLOVE YOU♡』『『部活中に目が合うなって思ってたんだ』』を立て続けに披露。≒JOYのステージデビューとなった『イコノイジョイ 2022』(@富士急ハイランド コニファーフォレスト)で初披露してから、夏のフェスイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2022」や「@JAM EXPO2022」でも歌ってきた思い入れのある楽曲だ。


逢田珠里依は「『イコノイジョイ 2022』で先輩方と一緒にパフォーマンスさせていただいた、『『部活中に目が合うなって思ってたんだ』』を、今回の特別公演では≒JOYだけで披露させていただきました。 私はセンターの髙松さん(=LOVE 髙松瞳)のポジションをやらせていただいたのですが、ずっとあこがれている先輩なのですごくうれしかったです。」とセンターを務めた感想を語った。大西葵は「アイドルの衣装に憧れがあったので、私たちのために作っていただいた衣装を初めて着れて、幸せでした。」と1stソング「≒JOY」のMV撮影時の秘話などを語った。


続いて、キラキラのガーリーな衣装に着替えたメンバーはこの日限りのメンバー編成となるユニット曲を披露。市原愛弓大信田美月髙橋舞福山萌叶の4名は、=LOVEの『Sweetest Girl』を、最年少メンバーユニットである天野香乃愛山野愛月乃木坂46のデビュー曲『ぐるぐるカーテン』を披露。さらに逢田珠里依、大西葵、小澤愛実村山結香のユニットでは、先日公開されたTHE FIRST TAKEで話題の=LOVEの楽曲『あの子コンプレックス』を、スペシャルなアコースティックバージョンでしっとりと歌い上げた。個性あふれる各ユニットでのパフォーマンスは、≒JOYの今後が楽しみなほど完成度が高いものだった。特に『あの子コンプレックス』では、ユニットメンバーの歌唱力で、会場の空気を一変、想像以上のポテンシャルの高さに、会場からはこの日一番の大きな拍手が沸き起こった。


ダンスパートを挟み、『P.I.C.』(≠ME)、『手遅れcaution』(=LOVE)とダンサブルな楽曲を先輩グループに負けない気迫で全力パフォーマンス。『あの子コンプレックス』でセンターを務めた村山結香は「今日は『あの子コンプレックス』をなんと アコースティックver.で披露させていただきました。この4人ならではの世界観が作れたと思うので、楽しんでいただけていたら、すごくうれしいです。」と楽曲の余韻に浸りながら感想を語った。


中盤に差し掛かると、『いらない ツインテール』(=LOVE)、『ポニーテール キュルン』(≠ME)、『探せ ダイヤモンドリリー』(=LOVE)、『愛を知る』(ラストアイドル)、『まほろばアスタリスク』(≠ME)とカバー曲を畳みかけるように披露。


『探せ ダイヤモンドリリー』でセンターを務めた市原愛弓は「リハーサルの時に、イントロとラストサビの振りが何度やっても上手くできなくて、苦戦して泣いてしまったんです。そしたら隣にいた愛月もなぜか一緒に泣いてくれて。心配して一緒に泣いてくれて、本当に本当にありがとね。」と、今日という日を迎えるまでの大変な苦労とメンバー山野愛月への感謝で胸を詰まらせた。『愛を知る』でセンターを務めた小澤愛実は「夏の対バンイベントでも披露してきましたが、今日はタオルを使った特別演出ですごく盛り上がりましたよね?皆さんのおかげです。ありがとうございます。」と特別演出の感触を噛みしめながら、センターを務めた感想を語った。


本編ラストは、≒JOYの2ndソングで“今なりの応援ソング”を綴った『笑って フラジール』、そして=LOVE/≠MEによる2グループ合同曲『次に会えた時 何を話そうかな』(未発売曲)を、怪我により無念にも当公演のパフォーマンスに出演できなかった山田杏佳が、この曲のみ歌で参加し、ラストサビでは全13名のメンバーが横一列に並んで歌唱し、本編のラストは終了した。


山田杏佳は「最後にメンバーの全員と目を合わせながら歌えて、お客さんの笑顔も見れて本当にうれしかったです。舞台袖で、メンバーの頑張っている姿を見ていて、心強くて嬉しかったです。」 と1曲のみの参加ではあったが、全員でパフォーマンスできた喜びをコメントした。「初めての特別公演をみなさんと一緒に過ごすことができてとても嬉しかったです!今日は本当にありがとうございました!」と江角怜音がファンへの精一杯の感謝の気持ちを伝えて、本編は終了した。


鳴りやまない拍手の中、アンコールではTシャツ姿に着替えたメンバーが再登場。この日一番のハードなロックサウンドで、先週(11/23)配信されたばかりの3rdソング『超孤独ライオン』を、赤に染まる激しいライティングの中、硬派に披露。振り幅の広い≒JOYの音楽性を垣間見れるパフォーマンスとなった。「この曲が、そして≒JOYというグループが、日々頑張っている皆さんの背中を少しでも後押しできるような、そんな存在になれたらいいなと思っています」との江角怜音の熱いメッセージとともに、本日2回目となる『笑って フラジール』を披露し、初の単独公演「≒JOY 特別公演」は終了した。


自身のオリジナル曲に加え、カバー曲では曲ごとに入れ替わったセンターを担当するメンバーが、存在感をしっかりアピールし、改めて≒JOYのポテンシャルの高さと今後への期待が膨らむ、華々しい公演となった。尚、当公演はライブ配信のアーカイブもあるとのことで、見逃してしまった方は、ぜひともアーカイブにて≒JOYの勇姿をご覧いただきたい。


来年2月22日(水)に発売される=LOVEの13thシングルに、≒JOYのカップリング参加が決定しており、オンラインサイン会、オンライン個別お話し会にも≒JOYが参加することがすでに発表されている。ぜひとも、こちらも併せてチェックいただきたい。2022年の年末を夢に向かって全力で駆け抜ける、≒JOYにさらに大注目だ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント