SKE48×JR東海「冬の飛騨路キャンペーン」アンバサダー、鉄道好きの末永桜花らが就任

アイドル 公開日:2022/11/19 6
この記事を
クリップ

SKE48末永桜花青海ひな乃浅井裕華佐藤佳穂原優寧が12月1日よりスタートするJR東海「冬の飛騨路キャンペーン」の公式アンバサダー・サポーターに就任した。


19日よりJR名古屋駅中央コンコースにてキャンペーンのデジタルサイネージが放映される他、キャンペーン特設サイトでは新型車両HC85系乗車体験レポートやイベント情報など、列車旅の魅力を発信していく。


左から青海ひな乃、浅井裕華、末永桜花、佐藤佳穂、原優寧


今回、JR東海にて12月1日から来年3月31日にかけて恒例の「冬の飛騨路キャンペーン」を展開するにあたり、岐阜県飛騨地域や2022年7月にデビューした新型車両HC85系の魅力を発信する上で、鉄道好きを公言している末永桜花にアンバサダーとして、キャンペーン盛り上げのサポート役として、青海ひな乃、浅井裕華、佐藤佳穂、原優寧の4 名がサポーターという形で、就任の相談を受けたことがきっかけでSKE48×JR東海コラボプロジェクトが実現した。


19日行われた就任会見では、アンバサダーに就任した末永が「小さい頃から電車に乗っていろんなところへ出かけることが多くて楽しかった」ことがきっかけで次第にさまざまな電車を調べたり、乗車することで鉄道好きになったというエピソードを披露。電車の中で一番好きなポイントは「いろんな形がある部分が注目」とパンタグラフについて熱く語り、鉄道好きが伝わる一面を見せた。


サポーターに就任した4名のうち、青海、浅井、佐藤はプライベートで飛騨地域に訪れたことがあるとのこと。各地の魅力や一度訪れてみたいスポットとして青海は「紅葉と合掌造りが絵に描いたような美しさがある白川郷」、浅井は「街並みが綺麗で大きなさるぼぼがある飛騨高山」、佐藤は「縁結びが叶うという三寺まいりの飛騨古川」を紹介した。SKE48に加入してまだ半年の福岡県出身の原は、まだ岐阜に訪れたことが無いとのことで、「ライトアップや様々なイベントがある奥飛騨に行ってみたい」と目を輝かせた。



【末永桜花コメント】

メンバーがおススメする場所はもちろんなのですが、私は何よりその道中も楽しんでいただけたらなと思います。

新型車両HC85系の車内では、沿線の伝統工芸品が飾られているナノミュージアムを楽しみつつ、現地で美味しいものを食べたり、観光して、また帰りも楽しんでいただければと思います。道中を楽しむというのは私が鉄道を好きになった理由の一つでもあるので、これをきっかけに飛騨エリアや鉄道の良さがたくさんの人に伝わればいいなと思います。


©2022 Zest, Inc

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)