SKE48熊崎晴香 ソロライブ大盛況、“くまのファンファーレ”ファンの心に響かせる

アイドル 公開日:2022/11/18 13
この記事を
クリップ

SKE48熊崎晴香 が18日、NAGOYA ReNY limitedで自身初となる「熊崎晴香ソロライブ~くまのファンファーレ~」を開催した。

 


初めてとなるソロライブは熊崎が初めてセンターを務めた楽曲『制服を着た名探偵』でスタート。『それでも好きだよ』、『背中から抱きしめて』、『遠距離ポスター』と続けてパフォーマンス後、「始まりました!くまのファンファーレ!心の中で響かせる準備出来てますか?」と呼びかけ、オープニング楽曲の選曲理由やグッズの話など、今回初めてソロライブを開催する嬉しさを噛み締めながらライブは進んでいく。続いて『MARIA』、『声がかすれるくらい』とかっこいいシリアスな曲で、普段元気な熊崎とのギャップを見せると、次に『愛の喪明け』、『イマパラ』と2曲続けて自身がオリジナルメンバーとして選ばれたものの一回も披露の機会がなかった曲をファンの前で初披露した。『イマパラ』では会場が一体となり振付を踊り、盛り上げます。次のMCでは熊崎の登場前に、東スポ競馬記者が【熊崎記念パドック解説】を行い、会場をわかせると今回のソロライブに基づき、競馬好きの熊崎らしく競馬ブロックがスタート。


「G1ファンファーレ」が流れ、会場全体で拍手をすると、「走れマキバオー」ならぬ『走れハルカオー』で全力疾走。続いて、競馬のCMソングとなっていた木村カエラの楽曲『HOLIDAYS』、馬関連ということで日向坂46『青春の馬』と3曲続けて楽曲を披露しました。


その後、ファン投票で決定した楽曲を披露。1位は日向坂46『キュン』、2位はSKE48『チャイムはLOVE SONG』。熊崎は「選ばれなかった曲はまたいつかできたらいいなと思います」と次のソロライブへの期待を語った。本編最後の曲はAKB48選抜総選挙に初ランクインした時の楽曲である『君だけが秋めいていた』を初披露し、思い出を振り返った。


アンコールでは大きな拍手が会場中に響きわたり、『前のめり』、『僕だけのSecret time』と2曲続けて披露すると熊崎は今日の感想としてソロライブに関わった全ての方々に感謝し、グループ加入から10年経った今、夢の一つが叶ったということで夢や目標を持つことの大切さを伝えた。そして、「これからも皆さんとの関係が続くことを祈って最後の曲を聞いていただきたいと思います」と『永遠より続くように』でソロライブを締めくくり、充実した笑顔でステージを後にした。


<熊崎晴香コメント>

初めてのソロライブ、とっても楽しかったです!

たくさんのファンの方の応援、スタッフさん方の支え、いろんな方々の助けがあったからこそ無事にソロライブを終えることができました。

いつもはSKE48というグループの中の1人ですが、初めて熊崎晴香1人としてステージに立って、改めて今の自分と向き合えました。

昨日でオーディション合格から10年経ちましたが、今日こうしてソロライブをするという夢が叶えられたので、いつまでも夢を持つことって大切だなと思いました。まだまだ私にはアイドルとして叶えたい夢がたくさんあります。

これからも前向きにアイドル熊崎晴香として成長しながら進んで行きます。そして、またソロライブができるように頑張ります!



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 17件)