乃木坂46 31stシングルジャケット写真解禁、齋藤飛鳥11年の軌跡重ねる“多重露光”で制作

アイドル 公開日:2022/11/09 3
この記事を
クリップ

12月7日(水)に発売する乃木坂46 31stシングル『ここにはないもの』のジャケット写真が、当グループのオフィシャルサイトにて公開された。


10月上旬に都内スタジオにて撮影したジャケット写真。


今作品のセンターであり、年内いっぱいでグループを卒業する齋藤飛鳥が、これまで歩んできた軌跡を感じる風景とメンバーの姿を重ね合わせて、複数の写真を一枚に重ねる「多重露光」をモチーフに制作したそうだ。


今までの思い出を背景にしながら、前を見据える今の齋藤飛鳥と、現在の乃木坂46を表現したジャケット写真となっている。またメンバーの表情をしっかり見せたいというコンセプトのもと、選抜メンバーを表紙とバックカバーに振り分けて使用したのも今作の特徴だ。


約11年間、乃木坂46として駆け抜けてきた齋藤飛鳥の軌跡を感じる風景写真は一体何を使用しているのか、ファンも楽しめる作品となっている。


音楽と広告を中心に活躍するフォトグラファー北岡稔章氏が手掛けた所にも注目したいジャケットだ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)