=LOVE 12thシングルスペシャルライブ大阪で開催、ラッキーなファンと素敵なひと時

アイドル 公開日:2022/11/05 4
この記事を
クリップ

指原莉乃プロデュースによるアイドルグループ=LOVE(イコールラブ)が5日、12thシングル『Be Selfish』の発売を記念したスペシャルライブを、大阪 松下IMPホールにて開催した。


当イベントは、シングル『Be Selfish』購入者を対象に、抽選で選ばれたラッキーなユーザーだけが参加でき、間近で=LOVEのパフォーマンスを体感できる、非常にプレミアムなイベントとなっており、2023年1月7日(土)にデザインホールにて行われる名古屋公演、1月8日(日)に山野ホールで行われる東京公演を合わせて計3会場6公演のプレミアムイベントとなっている。5日行われた松下IMPホールでのスペシャルライブは、2部構成(1部 14:00~ / 2部 17:00~)で行われ、新型コロナウイルス感染予防対策を徹底のうえ、見事当選を果たした各部800名を招待して開催された。



先日、初出演を果たしたフジテレビ『MUSIC FAIR』にて披露し、初の海外(韓国)撮影が行われたMusic Videoが現在645万回再生を突破している話題の新曲『Be Selfish』をはじめ、12thシングル収録曲を中心に、=LOVEの代表曲、全10曲のパフォーマンスを披露し、来場者を大いに盛り上げた。


日々頑張り続ける自分自身への、キュートでガーリーな応援ソング『わたし、魔法使い』を大谷映美里齊藤なぎさによるユニット曲で披露。「ピンクと紫のペンライトがきれいで、魔法使いになれた気分です。」と齊藤なぎさが笑顔でパフォーマンスの感想を語り、「ピースのポーズで出来る振り付けになっているので、みんな踊ってくださいね。」と大谷映美里が振り付けのポイントを解説。また、大切な人を一途に想い続ける、繊細で儚い片想いソング『真夜中マーメイド』では佐々木舞香がソロでしっとりとエモーショナルに歌い上げた。当楽曲の振り付けは、リーダーの山本杏奈が担当し「楽曲の世界観を考えながら振り付けさせていただきました。」とコメントすると会場は大きな拍手で包まれた。


さらに野口衣織がセンターを務める『好きって、言えなかった』では、「好き」という言葉を伝えられない、淡くて不器用な恋心を表現した歌詞を大切にしながら、切なく歌い上げた。それぞれの新曲が引き出す=LOVEの新たな魅力が存分に溢れる素晴らしいステージとなった。


1部のMCでは、昨日が11月4日(「いい推し」の日)ということにかけて、各メンバーの最近の「推し」を発表。

齋藤樹愛羅が「ひとり回転寿司」、大谷映美里が「『Rosé Muse』推し」と最近スタートした自身のプロデュースするアパレルブランドを紹介、また音嶋莉沙が「たけのこの里のイチゴ&ショコラ」、大場花菜が元宝塚の女優「望海風斗さん」とそれぞれのメンバーが個性的な「推し」を発表。


また2部のMCではイベント当日の11月5日(「いいご縁」の日)にかけて、各メンバーの「良いご縁」に関するトークを展開。

瀧脇笙古が「横浜スタジアムで始球式がしたい」、齊藤なぎさが「コードレスの掃除機がほしい」、髙松瞳が「ハイチュウプレミアムが好きなので、森永製菓の方とご縁がありますように」と各メンバーが個々の思いのたけを発表し、スペシャルイベントならではのこの日限りの貴重なトークを繰り広げた。


9月に開催された、5周年を記念した=LOVE史上最大規模となる「=LOVE 5th ANNIVERSARY PREMIUM CONCERT」 (国立代々木競技場 第一体育館)を大成功に収め、2022年末に向けて精力的に駆け抜ける

今後の=LOVEに今後も大注目してほしい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント