SKE48、966日ぶりの声出し可能公演を試験的開催「大きな一歩になったと思います」

アイドル 公開日:2022/10/18 4
この記事を
クリップ

SKE48が18日、SKE48劇場にて「手をつなぎながら」公演を行い、取り組みとして声出し可能公演を試験的に実施した。ファンがSKE48劇場で声を出すのは2020年2月25日以来、966日振りとなる。


影アナウンスが終わり、「overture」が流れる。劇場の収容人数が通常の半分未満ということもあり、久しぶりの声出しに戸惑いを見せることもなく、2020年2月25日以降、声出しが禁止される前と変わらない大きなコールが響き渡った。SKE48「手をつなぎながら」公演は『僕らの風』でスタート。幕が開くと、「overture」を聞いて、幕の中嬉しさのあまり泣いていたのであろうメンバーの姿があった。『マンゴーNo.2』、『手をつなぎながら』、『チャイムはLOVE SONG』と続けて披露され、メンバーからは満面の笑みが溢れる。



久しぶりのファンからのコールに自己紹介で須田亜香里は、「『overture』でみんなの声が聞こえてきて大号泣してたら1曲目始まった瞬間に転んじゃった」と笑わせ、大谷悠妃は「朝から声出しの練習をしてきました!私に負けないくらい声出してください」と煽り、会場は盛り上がりをみせる。ユニット曲が5曲連続で披露されると、その後のMCでは『Glory day』でセンターを務めた上村亜柚香が「ずっと夢だった、“あー亜柚香がかわいい”が聞けて本当に幸せでした」と感謝を述べた。


『大好き』で本編を終えると、客席から大きなアンコールの声がかかる。アンコールでは『ロープの友情』、『火曜日の夜、水曜日の朝』を披露。モニターにはコールが禁止されてからのSKE48の軌跡映像が流れ、コールが出来ることを心待ちにしていてくれたのか会場には涙を拭う姿も見えた。締めには青木詩織が「今日皆さんのいつもの素敵な笑顔と約2年半振りの声が聞けて、この声が聞きたかったんだなと思いました」と感慨深く話し、「いつどこにいても応援してくださる皆様に届くように気持ちを込めてこの曲を歌います」と『遠くにいても』を最後に披露。「手をつなぎながら」公演は幕を閉じた。いつか試験的ではなく、満員のファンの皆様から全力で送られるコールが聞ける日が楽しみだ。


【青木詩織 コメント】

2週間前に声出し公演の試験的実施が発表されて、また皆さんの声援を聞きながら公演ができるんだとふわふわした気持ちでしたが、今日皆さんのいつもの素敵な笑顔と2年半ぶりの声援が聞けて本当にこの声が聞きたかったんだなと思いました。今日まで待っててくれた皆さん、ありがとうございました。SKE48に入ってから当たり前のように頂いていた声援だったんですけど、この期間で特別なものだったんだなと改めて気付かされました。2年半長かったんですが、その時決まったルールを皆さんが守ってくれたからこそ、こんなに早く声出しが解禁になったと思うし、まだ試験的ですけどSKE48にとって大きな一歩になったと思います。そしてまだこの声援を聞けていない後輩、仲間がいるので、その仲間にまた声援を送って、近くで応援してくれたら嬉しいです。



■SKE48 「手をつなぎながら」公演

2022 年 10月 18 日(火) 18:30 開演

会場:SKE48 劇場(愛知県名古屋市中区錦 3-24-4 SUNSHINE SAKAE 2F)

出演:Team S   赤堀君江荒野姫楓石黒友月、大谷悠妃、上村亜柚香、竹内ななみ都築里佳中坂美祐

Team KⅡ 青木詩織、岡本彩夏藤本冬香

Team E   相川暖花井田玲音名倉島杏実鈴木恋奈、須田亜香里


©2022 Zest, Inc.

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 17件)