AKB48恒例「リクアワ」カップリング曲限定で初開催、12期⽣武藤⼗夢が卒業発表

アイドル 公開日:2022/10/09 6
この記事を
クリップ

AKB48として9年6ヶ⽉ぶりとなる武道館コンサート『MX祭り︕AKB48 60th Single「久しぶりのリップグロス」発売記念コンサートin武道館 2022』も2⽇⽬に突⼊。1⽇⽬『リベンジ︕新チームお披露⽬コンサート』と同じく、2⽉に新型コロナウイルスの影響で開催中⽌となったリベンジ公演『リベンジ︕カップリングリクエストアワーベスト30』は、各得票数が同数のため29位となった2曲でスタートした。



まず昨⽇の 『リベンジ︕新チームお披露⽬コンサート』で活動休⽌を発表したチーム8が「好きだ 好きだ 好きだ』を弾ける笑顔でパフォーマンス。続いて、村山彩希山内瑞葵ら村⼭チーム4(前チーム4)メンバーで同率29位のチーム4楽曲「猫アレルギー』を披露。村⼭チーム4での久々のパフ ォーマンスを終えた⼭内は「みなさんが応援してくださったおかげで今⽇披露できて嬉しいです︕」とコメント。 ここから27位から22位までを⼀挙に発表。24位の「桜の花びら 〜前⽥敦⼦ solo ver.〜』を岡田奈々が気持ちを込めながら歌い上げ、その美声に観客は酔いしれた。 ランキングは続き、18位には武藤十夢が「AKB48 27thシングル 選抜総選挙」で49位となり、フューチャーガールズとして初めてセンターを務めた楽曲「Show fight !』がランクインし、武藤十夢をセンターに16名が全⼒パフォーマンスで会場を圧倒した。思い⼊れが強い楽曲を 披露し終えた武藤十夢は「ここで、私からみなさんに伝えたいことがあります」と切り出す。観客も思わず息を呑む中「私、武藤十夢はAKB48 を卒業します︕」と発表。武藤十夢は「最初は歌もダンスもトークも何もできなくて、先輩の背中を追いかけることに必死でしたが、 気づけば上から2番⽬(の年齢)になっていました。約11年半、楽しいことも⾟いこともたくさんありましたが、全てが良い経験で私の⼒になりました。その過程で⼀緒に頑張ってきたメンバー、私をキラキラのアイドルにしてくれたスタッフのみなさん、そして何よりも、どんな時も応援してくれて⽀えてくれたファンのみなさんに出会えたことが私の幸せです︕⾊々なことがあった私のアイドル⼈⽣ですが、最後はみなさんの⼼を晴れ模様にできるように、精⼀杯頑張りますので、最後までよろしくお願いします︕」と気象予報⼠ならではの挨拶で締めくくり、晴れやかな表情を⾒せると、会場からは割れんばかりの拍⼿が起こった。 


コンサートは再びリクアワのランキングへ。16位・15位…と続き、『永遠より続くように』と同率12位の『365⽇の紙⾶⾏機』を柏木由紀が ソロで歌い上げ、伸びやかな歌声で会場を優しく包みこんだ。 終盤には、11位『君のことが好きだから』を17期研究⽣が元気いっぱいに歌唱。同率9位でランクインした峯岸チーム4の代表曲『清純フィロ ソフィー』を、岡⽥・村⼭・茂木忍ら 元・峯岸チーム4メンバー6名がパフォーマンスすると会場の熱気も⼀段と⾼まった。8位『LOVE修⾏』、7位『遠距離ポスター』、6位『法定速度と優越感』という⼈気楽曲に続く同率4位は『アイスのくちづけ』と『ファースト・ラビット』。 『ファースト・ラビット』はうさ⽿の⾐装で登場した17期研究⽣が披露し、キュートな振付と愛らしい表情でステージを彩った。 


MCで様々な趣向を凝らした企画が繰り広げられるのも、リクアワ名物のひとつ。佐藤妃星佐藤綺星、武藤十夢&武藤小麟の姉妹コンビで登場したMCでは、武藤⼗夢が可愛い妹メンバーを独断で決める「いもうとリクアワ」を発表。⾃⾝の妹ではなく佐藤綺星を1位にすると、武藤⼩麟が地団駄を踏みながら「私のどこがダメなの〜︕︖」と訴える。妹にデレデレな佐藤姉妹と妹を愛の鞭で茶化す武藤姉妹のギャップに 会場は笑いに包まれた。 そして、リクアワもいよいよクライマックスへ。


3位となったチームBの代表曲『チームB推し』は、岩⽴沙穂・大盛真歩ら岩⽴チームB(前チ ームB)メンバーがテンションMAXのパフォーマンスを披露。3位を祝福するかのように会場もチームBカラーの⻘いペンライト⼀⾊に染まった。2位『抱きしめちゃいけない』のイントロが流れると、この楽曲のオリジナルセンター・梅田彩佳(卒業メンバー)がサプライズで登場。 千葉恵里ら15名の現役メンバーとともに『抱きしめちゃいけない』を披露。梅⽥が「卒業してからもAKB48は⼀番好きだし、テレビに出てたら絶対観てます︕最近の新曲めっちゃ可愛くないですか︖」と変わらぬAKB48愛をアピールすると、現役メンバーも⼤喜び。さらに、なんと舞台袖でリクアワを⾒守るメンバーに紛れていたCGM48メンバーの伊⾖田莉奈もステージに登場。思わぬサプライズゲストに観客からも笑いが起こった。 


そして、栄えある1位に輝いたのは、24thシングル『上からマリコ』収録のチームB楽曲『呼び捨てファンタジー』。浅井七海キャプテン率い る新チームBが最⾼の笑顔でパフォーマンスし、新チームBが新たな歴史を刻んだ。この楽曲の唯⼀のオリジナルメンバーである柏⽊は感極まった表情で「まさか12年前の曲で1位を獲れるなんて嬉しいです︕かろうじてオリジナルメンバーとして残っていて良かったです(笑) 何年経ってもみなさんに愛される曲をこれからもAKB48で歌っていきたいです︕」と感謝の気持ちを伝えた。 


全てのランキングが発表され、アンコールでは、60thシングル『久しぶりのリップグロス』に収録される SHOWROOM選抜楽曲『Sugar night』をカラフルなMV⾐装でパフォーマンス。同じく『久しぶりのリップグロス』収録の2nd Generation楽曲『マジか』では、坂川陽⾹がセンター を務め観客を驚かせた。卒業発表をしたばかりの武藤⼗夢は今の気持ちを聞かれ「まあ、まだいるので(笑) アイドル⼈⽣を全うしていきた いですし、⾃分にできることをグループに還元していけたらと思います︕」と決意を語った。それを聞いた向井地が「(リクアワに)“Show fight !”が⼊る度に来てください︕」とお願いすると、武藤⼗夢は「これからは⼩麟がセンターやってくれるから︕」と武藤⼩麟に託し、最後の最後で姉妹愛を⽰した。 


ラストは最新曲『久しぶりのリップグロス』を全員で披露。トップ3にチームB楽曲が2曲ランクイン、OGメンバーの梅⽥彩佳やCGM48メンバ ーの伊⾖⽥莉奈がサプライズ登場、そして2011年に加⼊し、⻑年AKB48を牽引してきた武藤⼗夢(AKB4812期⽣・チームK所属)が卒業発表… と驚きの連続となった『リベンジ︕カップリングリクエストアワーベスト30』は、会場からの温かな拍⼿に包まれながら幕を閉じた。 なお、武藤⼗夢の卒業時期はまだ未定だが、60thシングル『久しぶりのリップグロス』が最後の参加シングルとなる。 


©AKB48

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)