NGT48「農業プロジェクト 2022」稲刈り&新米名称発表会開催

アイドル 公開日:2022/10/04 7
この記事を
クリップ

NGT48は10月4日、昨年から スタートさせた農業プロジェクトの一環として「稲刈り&新米名称発表会」を実施した。 



本日は、春に田植えをした稲の収穫。1期生 小熊倫実奈良未遥、 2期生 小越春花古舘葵諸橋姫向 、3期生 木本優菜水津菜月が参加した。その新米を「ときむすめ」と命名したたことも発表。新米は等級検査などの行程を経て 10月下旬から県内のスーパーに流通される。 また、収穫されたお米や野菜は、イベントでの販売、飲食店でのコラボメニューなどに活用されるほか、フードバンクや子ども食堂などへの寄付も決定している。


また、北陸農政局職員によるチーム BUZZMAFF(バズマフ)が発信している YouTube「穂 click! (ホクリック!)」でも紹介され、新潟の農業や NGT48 の取り組みを広く伝えていく。


NGT48 農業プロジェクトとは… 

新潟で活動するアイドルとして県の主要産業である農業を実際に体験して学び、発信していこうという趣旨で、NGT48 農業プロジェクトがスタート。

1年目となる昨年(2021年)は、グループを代表して、 年少ユニット“ちっちゃいもんくらぶ”のメンバー(小越春花、古舘葵、諸橋姫向ら)が、新発田市の農業 法人株式会社越後新鮮組のご指導・ご協力をいただき、試験的に農業に挑戦した。 

アイドル活動の合間に畑や田んぼに定期的に通い(平均して月に 2、3 回)、農作業をいちから体験。 慣れない作業ばかりで試行錯誤の連続だったが、自分たちがふだん口にしているお米や野菜を育てるのに、 どれだけの手間と時間がかかっているのかを身をもって体験し、そのありがたみを再確認できた。 

収穫したお米は、「NGT48 ちっちゃいもん米」として販売し、新潟県内のスーパーや飲食店に流通までつなげた。

また、新発田市市役所のイベントスペースや新潟アルビレックス BB(B リーグプロバ スケットボールチーム)のホームゲーム会場などでも、お米・野菜の販売を試験的に行なってきた。 2

2年目となる今年(2022 年)は、昨年の経験と実績をもとに、6月から新加入した 3期生も含めて合 わせてグループ全体の取り組みとして拡大。本日、稲刈りと新米名称の発表会を、メディアを招き実施。収穫した農作物は、流通、販売イベント、飲食店コラボ、寄付を通して、多くの方に届けていく予定。


©Flora 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)