=LOVE 齋藤樹愛羅 指原莉乃とごはん未経験、佐々木舞香「“話すの緊張する”って言ってた」

アイドル 公開日:2022/10/04 17
この記事を
クリップ

指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ・=LOVE大谷映美里(欠席)、大場花菜音嶋莉沙齋藤樹愛羅齊藤なぎさ佐々木舞香髙松瞳瀧脇笙古野口衣織諸橋沙夏山本杏奈)が4日、都内で行われた12thシングル『Be Selfish』発売記念記者発表会に出席した。



『Be Selfish』の聴きどころを尋ねられると、センターを務める野口は「今回の楽曲は、“自分を大切にわがままに”がコンセプトになっていまして、人間誰しもたまに背中を押してもらいたいときや、ただただ自分を肯定してもらいたいときってあると思うんですけど、そういうときにこの曲を聴いて、“イコラブがそばにいるよ!”“味方だよ!”って感じていただければ嬉しいなって思っています」と話し、「こういう曲が必要になるタイミングって誰しもきっとあると思うので、そういうときにたくさん聴いていただけたら嬉しいです」とオススメした。


また、MVは初の海外撮影(韓国)を行ったそうで、佐々木は「韓国はすごくて、何を言っているのか全然わからなかったんですけど(笑)、私たちのテンションを上げてくださったり、カメラワークがすごくて、今までに見たことのないようなカメラワークで私たちが見られると思うので、たくさんの人に見てほしいなと思います」とアピールし、MV撮影の思い出を聞かれると、諸橋は「私、人生で初めて歯医者さん以外で口の中を見せました。すごく細いカメラが私の口の中に入ってきて、口の中を撮るというシーンがあったんですけど、裸を見られている感じで恥ずかしかったです(笑)」と赤面しつつ、「でもマネージャーさんが『大丈夫だよ。すごくきれいだったよ』って言ってくれたので安心しました。(仕上がりは)満足です!」と笑顔で語った。


そんな『Be Selfish』がオリコン週間シングルランキング1位(10月10日付)に輝いたことについて、率直な感想を聞かれると、野口は「毎回シングルを出させていただくたびに“今回はどうなんだろう”ってドキドキしています。数字がすべてではないですが、改めて1位を獲得できましたと報告させていただけることがありがたくて幸せだなと感じています」としみじみと語り、「そういうのもすべて、歌詞を書いてくださった指原さんだったり、携わってくださったスタッフさんだったり、そして応援してくださっているファンのみなさんのおかげだと思っているので、『ありがとうございます』という気持ちと、みなさんで取れた1位という数字が宝物で嬉しいです」と感謝した。


イベントでは、シングルタイトルにちなみ、=LOVEメンバーと関係の深い人に普段は言えない“わがまま”な想いを告白する企画も行われ、くじ引きでファンへのわがままを引いた諸橋は“いつかおうちを建てて”と答えて笑いを誘い「ファンの人たちのお家!イコラブハウスみたいな感じで、ファンの人もメンバーに会えるし、うちらも大きいお家に住める」と目を輝かせ、指原へのわがままを引いた齋藤樹愛羅は“ごはんにつれていってください”といい「私はまだ(指原と)一緒にご飯に行かせていただいたことがないんですけど、そもそもまともに話したことがないんです」とぶっちゃけ、メンバーから「もう6年目だよ」とツッコミが飛ぶ中、佐々木は「指原さんが「樹愛羅と話すの緊張する」って言ってた」と打ち明け、齋藤樹愛羅は「ちゃんとお話をしてみてみたいです」とコメント。


続けて、イコラブメンバーへのわがままを引いた髙松は“ジャイみんって呼ばないで”といい「私がジャイアンみたいな性格だってメンバーに言われていて、沙夏とか最近私のことをジャイみんって呼ぶんです。ちょっとやめてください」とお願いすると、諸橋は「リーダーがいるんですけど、瞳の意見でみんな「そうだよね!」っていうことが多くて、スパッと決めてくれるのでありがたい存在なんですけど、たまに物申しかたがそちら(ジャイアン)になっちゃうときがあるので」と告白し、高松は「今日で封印で!」と力を込めた。


なお、9月25日(日)に開催した=LOVE史上最大規模となる5周年コンサート『=LOVE 5th ANNIVERSARY PREMIUM CONCERT』(国立代々木競技場 第一体育館)で、イコラブからの卒業を発表した齊藤なぎさは、現在の心境やファンへのメッセージを求められると「すごくいろんな反応をいただいて、ずっと愛していただいているんだなって思いますし、5年間を改めて振り返って、本当にいろんなことがあったなと思って、今こうやってステージに立たせていただけているのは指原さんだったり、メンバーだったり、スタッフさんだったり、何より応援してくださっているファンのみなさんのおかげだなって思いますし、すごく楽しい5年間だったと思います」と感慨深げに語り、「でもまだまだ私はアイドルなので、みんなと一緒にいっぱい思い出を作って、楽屋にいる瞬間が楽しくて、今日もみんなと昔話をして大爆笑していたんですけど、そういう時間もすごく大切にしていきたいなと思いますし、いろんな時間を一つひとつ噛み締めて大切にして、=LOVEというグループに恩返しできるように頑張りたいなって思います」とにっこり。


続けて、「(卒業発表をすることが)すごく緊張していたので、スッキリしたという気持ちはあるんですけど、より一層メンバーともっと思い出を作りたいと思って私から話しかけに行ったり、ご飯行かないとかお泊まりしようとか、言えるようになりました」と語った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 39件)