SKE48「14th Anniversary Festival 2022」開催、サプライズ発表続々

アイドル 公開日:2022/09/25 8
この記事を
クリップ

SKE48が9月25日、地元名古屋の日本ガイシホールにて「SKE48 14th Anniversary Festival 2022」を開催した。10月5日に劇場デビュー14周年を迎えるSKE48をメンバー総勢58名と会場に足を運んだファンで盛り上げた。



オープニング はSKE48 全員で1stシングル『強き者よ』を披露。続いて2nd シングル『青空片想い』を去年11年振りにリメイク版としてシングルに収録された『青空片想い(2021)ver.』のメンバー7名を中心に披露。続いて3rdシングル『ごめんね、SUMMER』、4thシングル『1!2!3!4!ヨロシク!』と続き、26thシングル『ソーユートコあるよね?』ではこの曲の振付を担当したDA PUMPのKENZO、TOMO、U-YEAHがゲストとして登場。メンバー10名とケンロップダンスで会場を沸かせた。勢いのついたまま29thシングル『心にFlower』までMC無し29曲連続でSKE48の歴史を辿るシングルを披露した。


MCでは井田玲音名が「ソーユートコあるよね?でDA PUMPさんと出れるって聞いた時、びっくりしすぎて100度見くらいしました」と話し、興奮の様子を伝えた。29曲連続でシングル曲を披露した件については、谷真理佳が「歴代の先輩たちの衣装を着させてもらいました」と嬉しそうに話し、福士奈央は「私はSKE48のファン歴14周年目」と加入前から好きだというエピソードを話すとファンから大きな拍手が送られた。


続いて披露されたのは最新シングルである『絶対インスピレーション』。初披露となった今回は、シングル曲初センターである青海ひな乃を筆頭に堂々したパフォーマンスを披露。大サビからは振付を担当したavex ROYALBRATSの4名が登場。勢いのあるフラッシュダンスで会場を魅了した。次に披露されたのはカップリング曲である『片想いフォーエバー』。初センターを務めた中野愛理を中心に恋する乙女の様子をキュートに歌い上げた。同じくカップリング曲の『New Ager』では新世代メンバー24名が制服姿でさわやかにパフォーマンスし、林美澪のソロ曲である『私の時計』では13歳とは思えぬ堂々とした歌とパフォーマンスを披露し、会場からは温かい眼差しと拍手が送られた。


『I love Aichi』では、地元名古屋で活躍するアイドルグループ「TEAM SHACHI」とコラボレーション。地元への愛が詰まった楽曲をSKE48のメンバーと楽しげに披露し会場を盛り上げると、次の『狼とプライド』では、東京女子プロレスの伊藤麻希が登場。現在アイドルとプロレスラーの二足の草鞋で活躍中の荒井優希と共にプロレスのリング上と打って変わり可愛らしく披露。会場は伊藤選手のイメージカラーの赤色に染まり感動に包まれたが最後には荒井が伊藤選手に頭突きをされ、会場は驚きと笑いで包まれた。


 その後、チーム曲が披露され、Team S が『頼りは翼だけだ』を披露すると、DJ KOOが登場し、会場の盛り上がりは最高潮に。DJ KOOは「小室(哲也)さんの楽曲で俺がいないのはダメだろ!頼りはSKE48だけだぜ!」と叫び、熱気でいっぱいになった。


アンコールは『SKEフェスティバル』から始まり、お祭り騒ぎで盛り上がると『恋を語る詩人になれなくて』『仲間の歌』と2曲続けて披露し、その後MCへ。キャプテンの斉藤真木子にスタッフからバインダーが渡され、戸惑うメンバーがたくさんいる中、メンバーへのサプライズ映像が流れた。


最初に発表されたのは、9期生、10期生、11期生が出演する新世代コンサート開催のお知らせ。青海は「SKE48を超えるという意味を込めて“超世代”としてやっていきたいです」と話し、覚悟を見せた。


2つ目の発表は、来年2月28日に劇場デビュー10周年を迎える6期生の記念コンサート開催の発表。6期生は涙を流しながら喜び、熊崎晴香は「常に最高を更新できるようなライブをするので皆さん見に来てください」と話した。会場からは嬉し涙を啜る声も聞こえた中で3つ目の発表は、地元愛知県の飲食店応援プロジェクト。次々に発表される企業名にメンバーからは嬉しい悲鳴もあり、食いしん坊で知られる相川暖花は「いっぱい食べちゃお」と話し、笑顔を見せた。


最後の発表は、Team KⅡの新公演スタートのお知らせ。12月11日に初日を迎えることも発表され、リーダーである太田彩夏は号泣しながら「今あるチームの現状は課題も多いんですが、チームのみんなとなら乗り越えられると思います。絶対この新公演は成功させたいです。いや、成功させます!」と話し、少し落ち着いた太田は「一ついいですか?」と真っ直ぐな眼差しで「高柳明音さん!ラムネの飲み方公演を超えます!今あるTeam KⅡが最強だと見せます。楽しみにしててください」と決意を言葉にした。


メンバーの笑顔と歓喜の涙が流れる中、『僕は知っている』を披露し、「SKE48 14th Anniversary Festival 2022」は幕を閉じた。


©2022 Zest, Inc. / AEI

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 39件)