AKB48 村山彩希1st写真集、メンバーも歓喜「茂木(忍)ちゃんは50冊買ってくれるって」

アイドル 公開日:2022/09/18 6
この記事を
クリップ

2011年にAKB48 13期生として加入し、現役メンバーでは劇場公演最多出演を誇る“シアターの女神”と称され、抜群のパフォーマンス力で多くのファンを魅了している村山彩希が、ファースト写真集『普通が好き』(宝島社)をリリース。発売記念イベントを東京・紀伊国屋書店新宿本店で開催した。


今作の撮影は沖縄で行われたそうで「カメラマンさんとかスタイリストさん、メイクさんとかスタッフさんがプロとして真剣にお仕事をしてくれていますけど、撮影が終わったあとにご飯屋さんに行ったとき、酔っぱらってエイサーをみんなで踊ったのが楽しかったです」と振り返った。


写真集のテーマについては「変なアイドル写真集を目指しました。タイトルを秋元(康)先生が10個くらいの候補を持ってきてくれたんです。その中からこのタイトルを選んだんですけど、自分もちょっと変わっていると思いました。タイトルが「普通が好き」と言いつつ中身がぜんぜん普通じゃないところもあります。普段のわたしとのギャップもあるので、“ゆいりー変わっているな”って思ってもらえる写真集だったら嬉しい気持ちです」とアピール。  


そんな中で一番のお気に入りのカットにはシースルーのセクシーな衣裳を選び、「アイドル写真集を見ていっぱい研究したときに、わたしが尊敬している元モーニング娘。さんの佐藤優樹さんの卒業の写真集を見たときに、こういう服を着ていたので、それを真似をしたいなと思って、スタイリストさんと相談して、この素敵な衣裳を用意していただきました」と明かし、さらに黒のセクシーなビキニ姿は、新しい一面が出ているカットだと言い、「メイクさんの力もすごいなと思いましたけど、これが一般の普通なんだと思える写真です。自分ももっと大人にならなきゃいけないなと思って頑張りました」と力説。


写真集の反響について聞かれた村山は「山根涼羽ちゃんから見開きの制服姿がよかったと言われました。みーおん(向井地美音)からはいつも赤ちゃん扱いをされているんですけど。この写真集を見て25歳のゆいりーが見られて、これはファンの人も大喜びだねって言ってくれました。茂木ちゃん(茂木忍)は50冊買ってくれるって言ってました(笑)」と、メンバーの個性的な反応を笑顔で話してくれた。


AKB48加入から10年以上経ってからの写真集発売となったが、「自分がAKB48にいるうちに、写真集を発売する未来が見えていなかったので、本当に予想外な展開ではあるんですけど、発売してみてファンの方が「待っていたよ」って言ってくれて嬉しかったです。こうやって写真集を発売することで、ファンの方と直接会えるお渡し会ができるのが、とても貴重な時間でもありますし、わたしを好きになってくれた人に対面してお礼を言えるのは、写真集ならではのイベントだなって思います」としみじみ。


最後に村山は「10周年を迎えて、25歳という節目で、写真集を発売できたのもファンの方の応援があったからです。10年過ぎたアイドルでもまだまだ新しい一面があるんだと思ってもらいたいので、今の村山彩希を見逃さないでください」と力を込めた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 18件)