エビ中 桜木心菜 初の生誕ソロライブ開催、幅広いジャンルのパフォーマンスで魅了

アイドル 公開日:2022/09/16 2
この記事を
クリップ

私立恵比寿中学桜木心菜が、9月16日(金)に東京・恵比寿ザ・ガーデンホールにて生誕ソロライブ「NightProm〜new open〜」を開催した。メンバー自らがプロデュースする、エビ中生誕ライブシリーズ。2021年5月にグループに“転入”(加入)した桜木は今回が初の生誕ソロライブ。

 


パーティーを意識したという黒ベースのキラキラ衣装に身を包んだ桜木が登場すると、FKJ&Masegoの曲『Tabow』に合わせ、ステージ上にあるイスを使ったセクシーなダンスで、大人の雰囲気を漂わせてスタートから会場を魅了すると、「皆さん!今日は桜木心菜のNightPromへようこそ!盛り上がっていくぞー!」と会場を煽ると『あたしきっと無限ルーパー』をパワフルに歌いあげ会場を沸かせた。

 

続いて、ミラーボールが桜木のエネルギッシュさを引き立てると、荻野目洋子のカバー曲『ダンシング・ヒーロー』をお得意のキレキレのダンスでパフォーマンスし、「前半戦さらに盛り上がって行きましょう!」と会場を煽ると、『キャンディーロッガー』、ちゃんみなのカバー曲『FXXKER』、BLACK PINKのカバー曲『Kill This Love』を桜木らしいガールクラッシュな魅力を見せつけた。

 

バックスクリーンにファミリーに手紙を書く桜木が映し出され、幼少期から17歳までの桜木の写真と共にファミリーに向けた感謝の手紙を読むVTR映像が流れる。「エビ中に入った私を温かく受け入れてくださったファミリーの皆さん本当にありがとうございます!これからも歌とダンスで皆さんに感謝の気持ちを伝えていきます!応援よろしくお願いします!」とファミリーへ感謝と共に17歳の意気込みを語った。

 

VTRが終わりライブも後半に入ると、これまでのクールな桜木とは一転して制服衣装の可愛いらしい姿で登場し、森高千里のカバー曲『17才』を可愛らしい歌声で会場を魅了した。「17歳の目標は、たくさんのことに挑戦して、たくさん吸収して冒険の一年にしたいです!エビ中としての目標は、海外で活躍できるアイドルグループになることです!色々な国に行ってみたいです!」と目標を熱く語り、「後半戦まだまだ盛り上がっていくぞー!」の掛け声で、桜木のメンバーカラーの赤いサイリウムが隅から隅まで揺らぐ中、情熱的にももいろクローバーZのカバー曲『キミとセカイ』、フラワーカンパニーズのカバー曲『深夜高速』を歌いあげ「初めての生誕ライブ、とても緊張しましたが、すごく楽しかったです!リラックスしてパフォーマンスできたと思います!ありがとうございました!」とファンに感謝の言葉を届け、会場をあとにした。

 

会場からのアンコールの拍手に迎えられ登場すると、『春休みモラトリアム中学生』をノリノリのパフォーマンスで披露した。続いて「今日来てくださった皆さんの特別な存在になりたいです」と声を掛けると、コレサワのカバー曲『あたしを彼女にしたいなら』を可愛いらしい歌声で会場を優しく包み込んだ。


そして、いよいよラストの曲へ。「最後の最後まで全力で楽しんでいきましょー!」と会場を煽り『Bang Bang Beat』を披露した。ライブ最後のMCでは「最後に一つだけ告知させてください!9月22日発売の「週刊ヤングジャンプ」に掲載されることになりました!ライブでは水着姿で登場しないので安心してくださいね」と会場を笑いに包み込みライブを締めくくった。

 


桜木心菜生誕ソロライブ「NightProme~new open~」

2022/9/19 @恵比寿ガーデンホール

<セットリスト>

00. Tabow / (FKJ&Masego) 

01. あたしきっと無限ルーパー

02. ダンシング・ヒーロー / 荻野目洋子

03.キャンディーロッガー

04. FXXKER / ちゃんみな

05. Kill This Love / BLACK PINK

06. 17才 / 森高千里

07. キミとセカイ / ももいろクローバーZ

08. 深夜高速 / フラワーカンパニーズ

En.1 春休みモラトリアム中学生

En.2 あたしを彼女にしたいなら / コレサワ

En.3 Bang Bang Beat

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)