26時のマスカレイド 夢の武道館公演実現、6年間の思い込み上げ感涙

アイドル 公開日:2022/09/15 8
この記事を
クリップ

10⽉ 30⽇(⽇)にグループの解散を発表した 26時のマスカレイドが14⽇、グループとしての夢であった初の⽇本武道館ワンマンライブを開催した。 


ライブが始まり、武道館へのメンバーの想いを描いたオープニング映像が流れると、26時のマスカレイドが結成してから最初の楽曲『B dash!』から始まり、『チャプチャパ』や『ハナイチモンメ』など⼈気楽曲を披露。 『ゼンキンセン』『スノウメモリー』など 26時のマスカレイドを代表するバラード曲が流れると、会場全体に和やかな雰囲気が漂った。 



その後には中村果蓮からのサプライズとしてメンバーへの想いを書いた⼿紙を読まれた映像が流れ、終盤では涙を流すメンバーの姿に繋がり、先⽇配信リリースした新曲『未来へのハーモニー』が初披露された。 その後は、『君は⻘のままで』『ハートサングラス』など、代表的な曲を披露し、会場を⼤いに盛り上げた。


アンコールの MCでは、それぞれのメンバーが結成当初からの夢であった武道館ライブへの想いやファンへの感謝を伝え、思わず涙する場⾯も。 アンコール曲では 6年分の想いを込めた『⼼から...』を披露し、最後には『ちゅるサマ!』 で初の⽇本武道館公演を華やかに盛り上げて幕を閉じた。 


26 時のマスカレイドは 10⽉ 19⽇(⽔) Zepp 福岡、10⽉ 23⽇(⽇) なんば Hatch「curtain call」TOUR が決まっており、10⽉ 30⽇(⽇)には 26 時のマスカレイド LAST LIVE「curtain call」が東京国際フォーラム ホール A で開催される。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)