日向坂46 東村芽依、“一人焼肉”で成長を実感「こっそり食べました」

アイドル 公開日:2022/09/13 3
この記事を
クリップ

日向坂46東村芽依が13日、『日向坂46 東村芽依1st写真集 見つけた』の発売を記念したオンライン取材会に出席した。



本写真集は、猫のように可愛らしさとミステリアスな雰囲気を併せ持つ“めいめい”ならではの世界観「めいわーるど」をテーマに、彼女の出身地である奈良をはじめ、東京と九州でも撮影を敢行。大好きないちごを食べたり、川や高原など自然の中で“やんちゃ”にはしゃぎ回ったり、ピンク一色のメルヘンな空間でカワイイものに囲まれたりと、まさに“めいめい”だからこそのシチュエーションが盛りだくさんの内容となっている。


写真集を出すことは彼女にとって夢であったそう。東村は「写真集は誰でも出せるわけではないので、日向坂46のメンバーでも出しているメンバーがいたりして、私もいつか出せたらいいなという憧れになりました」と明かし、実際に出来上がった写真集を見た感想を「自分の写真だけが写真集になっていることに、すごくうれしい気持ちになりました」と口にした。


タイトルにちなみ、自分について新たに「見つけた」点を聞かれると「自分はかわいい衣装とかが好きなんだなと改めて思いました」とコメント。「今までは自分の先のこととか考えてこなかったんですけど、24歳になってからは考えないといけないなと思うようになりました」と語った。


写真集の見どころはというと「いろんな髪型をしていて、写真集のためにロングだった髪の毛をショートにしたりとか、昔の頃の髪型にしてみたりとか。初期のことを懐かしいなと思ってもらえるような髪型にしたりしました」とアピール。お気に入りのカットはという質問には「奈良県で遊園地に行ったんですけど、そこでドレスを着て撮影したのが、すごくシュールで面白くて、お気に入りです」と答えた。


2019年に日向坂46がグループで発売した写真集『立ち漕ぎ』から成長したところを尋ねられると「1人で行動できるようになりました」と回答。「東京についてもあまりわかっていなかったですし、どこになにがあるかわかってきて、1人で行動したりすることが増えました」と明かした。


最近、1人でしたことはというと“一人焼肉”。「1人でこっそり食べました(笑)。こっそり、タンとハラミとロースとか」と打ち明けていた。


グループの冠番組『日向坂で会いましょう』でMCを務めるオードリーにも写真集を渡す予定だと話し、「恥ずかしいんですけど、オードリーさんに自分の写真集を渡すことってなかなかないことなので、渡せるということはうれしいです」とはにかんでいた。



カメラマン=白木淳也

スタイリスト=金野春奈

ヘアメイク=宇賀持めぐみ

衣装協力=Wild Lily

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)