モー娘。’22 牧野真莉愛、愛する『北の国から』テーマをリコーダーで披露

アイドル 公開日:2022/08/31 6
この記事を
クリップ

今年、結成 25 周年を迎えるモーニング娘。’22の現役メンバーであり、グループ活動の他、ソロとしても、野球関連、モデル、グラビアと多方面で活躍する牧野真莉愛。そんな牧野が8月31日、10 代にリリースした写真集と新撮を加えた『牧野真莉愛全集 2018-2022』をリリースした。


『マリア 17 歳』、『 María 18 años 』、『Maria19』、『真莉愛二十歳』全4冊の写真集未公開カット、自身が大好きな地、北海道・富良野にて新しく撮り下ろした素顔の彼女、今までとこれからを語ったインタビューなどが掲載されたメモリアルな作品に仕上がっている。


また、同作では牧野が尊敬するセンパイ・道重さゆみとの初コラボグラビア&対談が実現。衣装やシチュエーションも牧野自身がアイデアを出し、こだわりぬいたスペシャルな全集の発売日当日、渋谷TSUTAYAにて発売記念イベントが開催された。


ゴールドイエローの大人っぽいドレスで登壇となった牧野。「17歳の誕生日から毎年の写真集。応援してくれるみなさんのおかげですし、今回全集にしてくださったワニブックスさんにも本当に感謝です」と感謝の言葉を口にしてイベントはスタート。ドラマ「北の国から」の大ファンを公言する牧野は、「写真集の撮影でどこに行きたい?」との質問に「富良野!」と即答し、今回のロケ地が決定したというエピソードを披露。そんな北海道富良野で撮影されたお気に入りカットは2つ。1つは直前までの雨が嘘のようにあがった満開のラベンダー畑で撮影されたもの。もう1つは「北の国から」で俳優・田中邦衛さんが演じた主人公・黒板五郎邸の玄関で撮影されたもの。


牧野は3歳の頃に富良野を訪ねたことがあるそうで、「その時もここに来たんです。当時は石でできたお家の方にも行って、そこに羊がいたことを思い出します」と当時の様子を懐かしそうに振り返り、「大きくなってもう一度五郎さんの家に返って来れて嬉しいです」と笑顔。


牧野の「北の国から」愛はまだまだ止まらず…、なんと「北の国から」のテーマソングをリコーダーで演奏というサプライズ演出で会場を沸かせた。


「全集制作で印象深かったことは?」の質問には、やはり憧れのセンパイ・道重さゆみとの共演とし、「もう可愛くてキレイすぎてずっとドキドキしていました。この時間が終わらなければいいのにというくらい幸せな時間でした」とその感動を語った。


記者団より「全集が出たということは…、もう写真集は卒業!?」との質問が飛んだ際には、「私もそう思って聞いたんですけど、そうじゃないんです。全集の最後には“to be continued”ってしっかり書いてありますし、今後もドンドン出していきたいです。私が応援しているアーロン・ジャッジ選手(MLBニューヨーク・ヤンキース所属)のホームラン数と同じく51作は出したいと思っています」と大好きな野球ネタを絡ませた回答で会場を盛り上げた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)