アプガ新曲イベントで「メジャーアイドルにぜったい負けない!」

アイドル 公開日:2013/09/07 3
この記事を
クリップ
}/

ハロプロ系アイドルグループのリリースイベントではお馴染みの、池袋サンシャインシティ噴水広場にてアップアップガールズ(仮)『SAMURAI GIRLS/ワイドルセブン』の最後となるリリースイベントが行われた。




最近では立て続けに、Juice=Juice、Berryz工房、モーニング娘。などのハロプロ勢がレベルの高いミニLIVEをここ池袋サンシャインシティ噴水広場で行い、好評を得ているだけにアップアップガールズ(仮)にも期待がかかる。

ミニLIVEは10分ほどのリハーサルを行い19:00ピッタリに『ワイドルセブン』からスタート。残念ながら関根梓は先日の横浜BLITZのLIVEで足首を負傷しダンスパフォーマンスは参加できなかったが、他のメンバーは目一杯アプガの持ち味である荒々しいLIVEパフォーマンスを披露。




各メンバーの自己紹介が始まり、佐保明梨がいつも通りに空手の型を披露。「ヤッー!!」と型を決めた瞬間に後ろの噴水が垂直に10m近く上がる演出。そして佐藤綾乃が「私たちまだ(仮)で未熟者なアイドルなんですけども、普段からね、攻めてる姿勢とか戦う姿勢は他のメジャーアイドルにはぜったい負けないので、今日はその攻め攻めな姿勢や戦う姿勢を是非皆さん目に焼き付けて帰ってください!」と雄叫びを上げると会場は大盛り上がりとなる。
自己紹介を終え、『SAMURAI GIRLS』『チョッパー☆チョッパー』を立て続けに披露。特に『チョッパー☆チョッパー』の「NO MUSIC!NO アイドル!」のコールアンドレスポンスが大盛り上がりとなり、買い物中のお客さんも多数覗きこむほどの勢い。フリーライブでは楽曲、パフォーマンスが良ければたまたま会場付近へ買い物などで訪れているファン以外のお客さんにアプローチが出来るのも大きなポイント。アプガの楽曲はキャッチーなものが多く、パフォーマンスも派手なのでフリーライブで新規のファンを獲得できる可能性を大いに秘めていることを実感した。そして最後は『アッパーカット!』で締めイベントを終了した。

横浜BLITZでのLIVEを大成功させたばかりのアプガだが、その勢いはまだまだ止まらない。このまま、9月 16日赤坂BLITZでの~赤坂決戦~まで7人の侍は突っ走っていく。戦いはまだ続いていく。
ライブを見る前に予習復習!アプガの楽曲今すぐ聞くならドワンゴ!

この記事の画像一覧